Alteryx Serverの管理者機能紹介(Workflow Credentials管理編)

alteryx

こんにちは、小澤です。

Alteryx ServerのGalleryにおける管理者向け機能紹介第6弾となります。 今回は左メニューの上から6つ目に位置するWorkflow Credentialsについて紹介します。

Workflow Credentials

WorkflowのCredential管理では、ユーザにWorkflowの実行時などの資格があるかの情報を管理します。 これはGallery上でのユーザではなく、Windowsへのログインユーザでの認証を行うことでWorkflowの実行をおこなうアカウントを制限するような機能となります。

スクリーンショット 2017-04-04 15.01.25

デフォルトの動作設定

画面上部の「Default behavior for workflow credentials」でデフォルトの動作を設定できます。

設定値 意味
Always run workflows with server or studio credentials サーバ構成の設定時に指定したCredentialで全てのWorkflowを実行します 
Require users to enter their own credentials when running any workflow  Workflow実行時にCredentialの情報を入力するようにします
Allow users to set options for credentials when saving a workflow Workflow保存時にCredentialの情報を設定できるようにします

新規作成

「Add New Credentials」で新規に作成できます。

スクリーンショット 2017-04-04 15.07.09

ここで入力する情報はADを利用してユーザの存在チェックが行なわれているのでWindowsでそのアカウントが利用できる状態になっている必要があります。

編集

作成したCredentialを一覧から選択することで編集ができます。

「General Information」は新規作成時と同様の項目となります。

「Users and Studios」でこのCredentialに紐付けるユーザやStudioが選択できます。 途中まで入力すると、サジェストが表示されるので選択してください。

スクリーンショット 2017-04-04 15.10.37

Credentialを設定していて、デフォルトの設定を、 「Require users to enter their own credentials when running any workflow」としている状態で GalleryからWorkflowを実行すると、以下のように認証がもとめられます。

スクリーンショット 2017-04-04 15.13.02

終わりに

今回はAlteryx Serverの管理者向け機能のうち、Workflow Credentialsについて解説しました。 次回は、Job管理ついて解説する予定となります。