(レポート) STG202: Deep Dive on Amazon Elastic File System #reinvent

reinvent2016_eyecatch

コンニチハ、千葉です。

EFSのDeep Diveセッションのレポートを書きます。

セッション内容

セッションのアジェンダは以下となります。

  • EFSの説明
  • デモ
  • アップデート情報

アップデート情報

まずは、一番気になるアップデート情報からお伝えします!

暗号化対応(Coming soon early 2017)

暗号化機能が追加されます。また、KMSとの連携も可能です。 暗号化は透過暗号化で、EBSの暗号化と同じイメージですね。 さらに、追加コストもないとのことです。

マウントの簡略化(Coming soon early 2017)

今までは、マウントポイントのDNS名にAZが含まれていましたが、AZ不要になります。 自動でローカルAZのマウントポイントのDNS名を引いてくれます。

  • 現在:[AZ].[fs-id].efs.[region].amazonaws.com
  • 将来:[fs-id].efs.[region].amazonaws.com

また、マウントコマンドは以下になりシンプルになります。

mount -t nfs4 -o nfsvers=4.1 [EFS DNS]:[マウントポイント]

DX経由でEFSを利用

DX経由でEFSを利用できるようになりました。

  • Oregon
  • Ohio
  • Ireland

N. VirginiaについてはComing soonとなります。

EFSの説明

ここからは、EFSとは?からアーキテクチャについての説明です。

どのようにEFSがフィットするか

まずは、ストレージの種類と特徴です - Block(EBS,インスタンスストア):1つのインスタンスでしか利用できない - Object(S3, Glacier): オブジェクトストレージとしてアプリケーションやアーカイブバックアップとして利用 - File(EFS): 共有型のファイルシステム、複数のインスタンスから利用できる

EFSはシンプルです

  • フルマネージドで、ネットワーク、ファイルシステム、ハードウェアを意識しなくてよい、しかもスケーラブル
  • 通常のOSからNFS v4で利用できる

EFSには柔軟性がある

  • ファイルシステムの拡張/縮小は、ユーザーがファイルを追加/削除すると自動で行われる
  • キャパシティ、パフォーマンスをユーザーが構築する必要がない
  • ストレージ容量に対する料金のみ払えば良い

EFSはスケール性がある

  • ファイルシステムはペタバイトまでスケールする
  • ファイルシステムのサイズによって、スループットがスケールする
  • ファイルシステムサイズにかかわらず低遅延
  • NFSで1000台同時接続可能

高い耐久性と、高い可用性

  • ファイルシステムオブジェクトは、リージョン内でマルチAZ保管
  • 片方のAZ障害に対応できるように設計されている
  • 従来のNASより可用性にするれている

現在使えるリージョン

  • Oregon
  • N. Vierginina
  • Ohio
  • Ireland

コレ以外のリージョンは、Coming soon

EFSの利用事例

  • webサービス
  • データベースバックアップ
  • コンテナストレージ
  • ホームディレクトリ
  • ワークフローマネージメント
  • 分析
  • コンテンツマネージメント

セキュリティ

  • ネットワークトラフィックはセキュリティグループとNACL
  • ファイル・ディレクトリアクセスは、POSIXパーミッション
  • EFSのアクセスはIAMによるAPIアクセス制御

注意事項

  • アプリケーションのテストをすること!
  • 負荷試験をすること!
  • Linux kernel 4.0以上、NFSv4.1であること!
  • バーストについて考慮すること!

最後に

リージョンがもうすぐ拡大されるとのことでしたので、東京GAが楽しみです。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡