(レポート) SEC315: AWS Directory Service Deep Dive #reinvent

aws-reinvent2015

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

日本にいます西澤です。引き続き、公開された資料を読み漁っています。

AWS Directory Serviceとは

  • Simple AD
    • Samba4ベースの新規ディレクトリサービス
  • AD Connector
    • 既存のWindows ADへのプロキシサービス

デモ

Simple ADの作成とそのディレクトリに所属するWindows、Linuxを構築のデモが紹介されたようです。先日弊社ブログでもご紹介したLinuxサーバのドメイン参加手順も説明されています(実際のセッションでは資料には無いDHCP Options set設定の注意も口頭で補足されていました)。

フェデレーション

  • SAMLを利用したIDフェデレーションをセットアップ可能
  • ユーザを役割に応じてアサイン可能
  • セットアップはより簡単に

Cox Automotive社の事例

中古自動車販売等を行っているCox Automotive社の事例が紹介されていました。

  • マスターとなるBillingアカウント配下で複数AWSアカウントを管理
  • 課題
    • アカウントの集中管理なし
    • アプリケーションごとに異なるIAMユーザが必要
    • 利用者がアカウントの使い分けで混乱
  • 解決方法
    • IAMロールをADユーザに付与
    • ADユーザの認証にてAccessURLにアクセス
    • AssumeRoleを利用してAWS Management Consoleにアクセス
    • スイッチロールを利用してクロスアカウントアクセス

  • APIアクセス用にAir Lift Key Services (ALKS)を開発
    • 一時認証トークンを作成
    • LDAP認証
    • 監査ログ取得
    • 重要データはDynamoDBに暗号化して保存

WorkSpaces, WorkDocs, WorkMail

  • 連携可能な各アプリケーション用にアクセスURLを生成可能
  • WorkSpacesとWorkDocsをSSOから利用するデモの紹介

利用における注意点

  • Samba4互換性による注意
    • smallではユーザ500、largeではユーザ5000
    • Windowsユーザとコンピュータ(ADDC)ツールの互換性から、Windows 2008 R2の利用を推奨
    • 以下はサポートされない
      • Windows Powershell cmdlets
      • Schema extensions
      • ドメインフォレスト、ドメイン間の信頼関係
    • ドメインコントローラは2つまで
    • LDAP over SSLは利用不可
    • MFAは利用不可
  • AD Connector
    • キャッシュ機能はなし(プロキシするだけ)
    • ドメインコントローラと複数ポートのファイアウォール解放が必要
    • オンプレミス連携の場合にはネットワーク帯域に依存
  • API利用
    • CloudTrailにて監査ログを取得
    • AWS CLIによるSimple AD作成デモ
  • 対応リージョン
    • 米国東部(バージニア)
    • 米国西部(オレゴン)
    • 欧州(アイルランド)
    • アジアパシフィック(シンガポール)
    • アジアパシフィック(シドニー)
    • アジアパシフィック(東京)

まとめ

資料の最後には画面付きでデモの概要が紹介されていました。注目しているサービスだけに新しいアップデートを期待したのですが残念。ADDCの利用では、Windows Server 2008 R2利用が推奨されていることは知りませんでした。エンタープライズ環境での利用では、アカウント管理は必須となりますので、活用したいサービスであることには間違いありません。今後もアップデートにも期待しましょう。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡