previewが通ったのでAmazon WorkMailを触ってみた

amazon-workmail-290114

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、せーのです。今日はようやくpreviewが通ったAWSのサービスを使ってみたいと思います。これがワクワクするんですよね。

Amazon WorkMailおさらい

私がWorkMailのプレビューを申し込んだのはWorkMailが発表になったその日ですので、かれこれ1ヶ月半近く経つわけです。結構忘れているので特徴を振り返ってみましょう。
WorkMailの発表時の記事はこちらをご覧頂ければと思います。要約すると

  • AWSマネージドのWebメールサービス
  • グループメールも簡単に作成可能
  • WorkDocs、Directory Service、SES等AWSサービスとの連携が可能
  • Outlook2007, 2010, 2013に対応(preview版ではOffice for mac 2011にはまだ対応していない)
  • iPhone, AndroidともActiveSyncを使用して連携可能
  • previewが外れるとMFAもサポートされるらしい
  • 実はカレンダー、連絡帳もついている
  • 独自ドメインの設定が可能
  • 月4ドルからと低コスト

という感じが主な特徴かと思います。個人的にはカレンダーがついてること、独自ドメインの設定ができることとAWSサービスとの連携をうまいこと利用すると新しいサービスが簡単に作成できそうな予感がします。

やってみた

セットアップ

さあ、いよいよ触ってみます。ダッシュボードを見ると、ありましたありました。

workmail1

workmail2

まずはOrganizationのセットアップからやってみます。[Quick setup]をクリックします。

workmail3

workmail4

お好きな文字列を入れてOrganizationをセットアップします。ここで作った文字列が出来上がるメールのドメインになります。

workmail5

5分〜10分ほど待つとできあがりです。

workmail6

次にユーザーを作成します。[Add user]をクリックします。

workmail7

新規に作成するかDirectory Serviceからの選択かを選びます。今回は新規に作ります。

workmail8

ユーザーネームとDisplay nameを決めます。

workmail9

メールアドレスとパスワードを決めます。パスワードは8文字以上、大文字小文字数字記号を混ぜたものである必要があります。これでユーザーの完成です。

workmail10

workmail11

同じようにグループを作ってみます。グループメールを作ってユーザーを追加するとグループメールが送れるわけです。これで設定は終わりです。では見てみましょう。

Webブラウザクライアントで見る

workmail13

Webブラウザクライアントを開きます。URLとしてはhttps://[organization名]となります。ユーザー名とパスワードを入力してログインします。

workmail14

Webブラウザクライアントの使い勝手は最近のデザイン、最近のUXということでGMailとOutlookのいいとこ取り、という感じですね。非常に使いやすいと思います。

workmail15

これがカレンダーですね。これがどう化けるかが非常に楽しみです。

iPhoneで見る

次にiPhoneで見てみます。設定は簡単でMailの設定画面からアカウントの追加を開き、Exchangeを選択します。

workmail20

メールアドレス、パスワードを入力します。設定はこれだけです。

workmail21

メールが受信されました。プッシュ通信になりますので普通のメールと同様に使えます。

Androidで見る

workmail23

次にAndroidで使ってみます。Eメールを選択し、アカウント設定を開きます。

workmail25

メアドとパスワードを入力します。

workmail26

アカウントのタイプを選択します。WorkMailに対応しているのは「Exchange Active Sync」です。

workmail27

あとは名前をつけたら完成です。こちらもiPhone同様プッシュ通信されます。

Outlookで見る

workmail29

最後にOutlookと連携させてみます。Outlookからアカウントの追加を選択します。

workmail30

名前をつけてメアドとパスワードを入力します。なんと、これだけです。

workmail31

サーバーを自動設定してくれて

workmail32-2

これで設定完了です。Outlookとの連携はかなり使いやすく、カレンダーを使う人だとOutlookに乗り換えても違和感がないかと思います。

まとめ

いかがでしたか。今回はひと通り接続を試してみました。そのうちAPIが充実してきて、AWSサービスとの連携が増えてくるとAWSならではのメールの使い方が発見出来てくるかと思います。

参考サイト