JAWS-UG京都「SERVERLESS祭 ~サーバレスでアプリを作ってみよう~」で発表してきました #jawsug

jawsug

はじめに

こんにちは、中山です。

2017年4月22日(土)、株式会社KYOSO様の会場を利用して開催されたJAWS-UG京都で発表してきました。今回のお題は「SERVERLESS祭 ~サーバレスでアプリを作ってみよう~」ということで、Serverlessアーキテクチャの概要を発表させていただきました。資料は以下です。

イベントレポート

今回は以下のようなタイムテーブルで進んでいきました。最初にServerlessアーキテクチャってどういったものという発表があり、続いてハンズンで実際に作ってみましょうという流れです。

時間 セッション内容 スピーカー
14:00~14:10 オープニング (株)KYOSO 辻一郎(AWS Samurai)
14:10~14:40 サーバーレスアーキテクチャはじめの一歩 クラスメソッド(株) 中山幸治
14:40~17:10 ハンズオン (株)デジタルキューブ 岡本秀高
17:10~17:40 自己紹介・LT・クロージング

サーバーレスアーキテクチャはじめの一歩

Serverlessアーキテクチャってどういったものなのか、どういった利点があるのかといったお話をさせていただきました。少し早口になってしまったキライがあったかなと反省しています。上述したように資料は公開しているので、そちらを参照いただければと思います。

ハンズオン

ハンズオンではデジタルキューブ岡本様より、認証機能のあるWebアプリを説明していただきました。主に利用したAWSサービスを以下の通りです。

  • Cognito
  • Lambda
  • API Gateway
  • S3

ハンズオンという形式で実際に手を動かしてみるというのは、あらゆるジャンルで有効な学習方法ですね。私自身とても参考になりました。ハンズオンで利用した資料は以下のリポジトリにまとまっています。

最後に

会場付近は昔ながらの日本家屋を改修したお店も多くあり、とてもシャレオツな雰囲気になっていました。いい感じです。烏丸駅のすぐ近くということもあり、交通便的にも便利そうです。勉強会のついでにちょっとした観光気分も味わえるので、とてもよい環境だと思いました。

  • 会場近くのお店

kyoto-jaws-2017-04-22-image-1

  • 会場となったビル

kyoto-jaws-2017-04-22-image-2

会場を提供いただいたKYOSOのみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました。