[AWS] 消してしまったデフォルトVPCを再作成する

Amazon VPC

ども、大瀧です。 本日、デフォルトVPCを新規作成する機能がAWSよりリリースされました。

早速試してみた様子をレポートします。

デフォルトVPCとは

デフォルトVPCは、AWSの仮想ネットワーク機能であるVPC(Virtual Private Cloud)でアカウント作成時から利用できる既定のVPC(仮想ネットワークの単位)です。VPC自体に費用はかからないのでデフォルトVPCを明示的に削除する必要は特にありません。 しかし、従来は再作成するためにAWSサポートに問い合わせる必要がありました。今回のアップデートによって、AWS Management ConsoleやAWS CLIからユーザーがデフォルトVPCを作成できるようになりました。

作成手順

作成作業は非常にシンプルです。デフォルトVPCが存在しない状態でVPCの管理画面を表示すると、[アクション] - [デフォルトVPCの作成]メニューがアクティブになっているので、クリックします。

create-defaultvpc03

以下の注意書きが表示されるので(執筆時点では英語メッセージでしたが、ほどなく日本語メッセージになるでしょう)、[Create]ボタンをクリックします。

create-defaultvpc04

デフォルトVPCが作成されました。[Close]ボタンをクリックしウィザードを閉じます。

create-defaultvpc05

IPv4 CIDRが172.31.0.0/16のVPCが作成されていますね。

create-defaultvpc06

VPCサブネットは2つのAZにそれぞれ/20のレンジで作成されます。

create-defaultvpc07

作成されるデフォルトVPCのコンポーネントについては、菊池のブログ記事が詳しいです。

まとめ

削除してしまったデフォルトVPCの再作成手順をご紹介しました。あっても特に害の無いデフォルトVPCですが、一部のサービスではデフォルトVPCが必須のこともあるので、再作成手順を知っておくのも何かの役に立つかもしれません。

参考URL