機械学習&分析プロセスを自動化!『SAP InfiniteInsight:SAPが提供する機械学習エンジン』3/29(日) セミナー開催 #cmdevio2015

Developer Day - Developers.IO 2015

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

弊社主催のカンファレンスイベント『Developers.IO 2015 | IoT, BigData, BI. in 3/27(金),29(日) 』。開催まであと2週間を切りました。社員一同、イベント開催に備えて鋭意準備を進めています。

当エントリではそんな中、先週末に内容が確定しましたセッション『SAP InfiniteInsight:SAPが提供する機械学習エンジン』ご紹介したいと思います。

cmdevio2015-sap-infinite-insight-00

目次

 

スピーカー

本セッションのスピーカーはSAPジャパン株式会社プラットフォーム事業本部 シニアソリューションプリンシパルである、岩渕 聖(いわぶち きよし)氏です。

cmdevio2015-sap-infinite-insight-01

SAPジャパン株式会社(※読みは『エスエーピー ジャパン』です。)は、ERPソフトウェア等を提供するドイツのソフトウェア会社SAP Software & Solutions | Technology & Business Applicationsの日本法人です。クラウドサービスとして提供しているSAP Business ByDesignや中小企業向けで短期・安価導入可能なSAP Business One、またインメモリープラットフォームSAP HANAなどを提供しています。

 

セッション内容

イベントサイトに記載のセッション概要説明文は以下の内容となっています。

最新のテクノロジーを活用することで、ビッグデータの活用方法は多様化し、新たな領域で広がりを見せています。既にカルチュア・コンビニエンス・クラブ様(http://special.nikkeibp.co.jp/as/201407/sap_ccc/)やセガ様(http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/release/20140611_652904.html)などの実績のある、アルゴリズムとしての機会学習だけでなく、分析プロセスも自動化するSAP InfiniteInsight概要をご紹介いたします。

言及されている記事は以下の2つ。事前に読んでおく事でセッションの理解も進むと思います。読んでおきましょう!

cmdevio2015-sap-infinite-insight-02

cmdevio2015-sap-infinite-insight-03

また、直近ですとすかいらーく様も上記記事で紹介されている『SAP InfiniteInsight』を導入しています。

 

『SAP InfiniteInsight』とは

SAP InfiniteInsightの公式サイトは以下となります。

cmdevio2015-sap-infinite-insight-04

製品がどういうものかについては幾つか分かり易くまとまった記事がありましたので記事を引用させて頂き商品解説としたいと思います。

SAP InfiniteInsightは、データマイニングをより簡略化し、多くのユーザーによるデータ活用を実現する画期的なアナリティクス製品です。 高度なスキルが必要とされるデータマイニングの中でも特に利用頻度の高い分析に特化して、専門知識を持たないビジネスユーザーでも簡単に操作できる環境を提供しています。 SAP InfiniteInsightは、クラスタリングやクラシフィケーションなどの分類・回帰分析、時系列分析など、ビジネスにおいて高い頻度で活用される分野に特化されたデータマイニング環境を提供します。
予測分析を行うためのデータ加工、変数作成、モデル構築、分析作業を容易にするツール。いわばデータマイニングを自動化するもので、手動設定をほとんど不要にし、データサイエンティスト不在でも予測分析を可能にする。
(中略)
作成したモデルからC/Java/SQLなどのコードを生成し、システムへの組み込みが可能。組み込むことで、業務アプリでシームレスかつリアルタイムに分析が行える。
(中略)
予測モデル精度も向上させるため、複数の変数を組み合わせて新しい変数を作成する「合成変数の作成」、頻度が低いカテゴリをグループ化して処理を効率化する「カテゴリを示す変数のグループ化」に対応。

2つめの引用文で強調した部分が一番のポイントとなるのでは無いでしょうか。本来ならデータサイエンティスト(の専門スキル)が必要となる部分を補う形で、分析作業を効率化・自動化する事が出来ると言うのは非常に魅力的ですね!

 

まとめ

以上、『SAP InfiniteInsight』に関するセッション内容のご紹介でした。イベント当日のセッションでは、製品の概要紹介やデモ等の実演も行われるのでは、と予想しています(というか見てみたい!)。ちょうど私が発表するセッション(B-1)の次のセッション(B-2)となりますし、私自身も非常に興味関心がありますのでこの『B-2: SAP InfiniteInsight』セッションに参加しようと思います。イベント参加される皆様も、分析周りに興味がある人は是非このセッションに参加してみてください!(イベント申込みページは以下となります)

イベント参加申込はこちら

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡