【6/9】入門セミナーシリーズ第二回 AWSとGitHubで始めるDevOpsハンズオン in 大阪

170609_github-cm-devops_400x400

6/9AWSとGitHubで始めるDevOpsハンズオン!(大阪)

お申し込み受付は終了しました。

開発環境にDevOpsを取り入れよう。

4月から始まった「入門セミナー」シリーズ、第二回目はDevOpsハンズオンです。(東京では7/5の開催を予定しております

DevOpsは、一般的な言葉となり、派生系の言葉が出てくるほどになりました。とはいえ、日本では、DevOpsという文化は根づきにくいようです。米企業では、大企業の81%、中堅中小で70%が導入しているのに、何がネックになっているのでしょうか? もしかしたら、少し変えるだけで導入できるかもしれません。

そこで今回は、継続的インテグレーション/継続的デリバリ(CI/CD)を導入するきっかけとして、AWSのCode系サービス、GitHubとGitの使い方、B/Gデプロイの動作などの全体的なフローについてお話します。また、案件への導入をイメージできるように、実際に手を動かして体験して頂き、そんなハードルは高くない!というところとDevOpsとはなんぞやというところを是非持ち帰っていただきたと考えています。

開催概要

開催日程 2017年6月9日(金)
開場と開始時間 開場:14:00(受付開始) 開始:14:30
募集締切日時 2017年6月9日(金) ※定員に達した場合、早めに締め切る場合があります
会場 アマゾンジャパン株式会社 大阪支社 大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング25F 地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車 徒歩2分
定員 最大20名
対象 ・ AWSを活用したビジネスに携わっているかた ・ GitHubをこれから業務で扱いたいPM、PL、開発者のかた

セッション概要

AWSのCode系サービスや GitHub・Gitの使い方、B/Gデプロイの動作などのご紹介を行い、そのあとハンズオン形式で、実際にご自身の環境に作成いただきます。

AWSで利用する主なサービスは以下を予定しております。

  • AWS CodeBuild
  • AWS CodeDeploy
  • AWS CodePipeline

講師

AWS事業部 千葉潤 AWS事業部 中山幸治

ご参加にあたって注意事項

事前に、AWSアカウントおよび、GitHubアカウントの作成をお願いいたします。 本編中では作成の時間のご用意はありませんので、アクセスできる状態でご参加いただくとスムーズに取り組めると思います。

タイムテーブル

14:00 - 14:30 受付
14:30 - 14:35 ごあいさつと会場の説明
14:35 - 15:30 セミナー 講師:AWS事業部 千葉潤
15:30 - 17:30 ハンズオン 講師:AWS事業部 中山幸治
17:30 - 18:00 質疑応答
  • セッションの内容や順番、スピーカーは変更になる可能性があります。
  • ノートPCをお持ち込みください。会場での貸し出しはできませんので、ご了承ください。
  • 電源、Wi-Fiご用意します。

お申し込みフォーム

お申し込み受付は終了しました。

コメントは受け付けていません。