【レポート】大学発テクノロジーを早く連続して実社会に投入!落合陽一率いるピクシーダストテクノロジーズの挑戦!! #AWSSummit

2020.09.08

ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。2020年9月8日から30日まで開催されるAWS Summit Onlineを自宅から拝聴しています。

本記事で取りあげるセッションは、「社会の包摂性をアカデミア発テクノロジーにより拡張するピクシーダストテクノロジーズの挑戦」です。

セッション情報

スピーカー

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役CEO 落合 陽一 氏

概要

ピクシーダストテクノロジーズは、インタフェース技術を研究開発し、連続的に社会実装していく大学発ベンチャーです。企業や自治体が抱える事業課題・社会課題と向き合い、独自の産学連携モデルを通じて得られた大学発技術シーズを用いたソリューションの共同開発及び提供を行い、オープンイノベーションを促進しています。現在取り組んでいる具体的なプロジェクトや今後の展望について、ご紹介させていただきます。

レポート

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(以下PXDT)の企業理念

人類と計算機の共生ソフトウェア基盤を構築する

PXDTとは

  • 大学から生み出される「研究(要素技術)」を社会に存在する課題・ニーズドリブンで連続的に社会実行仕組みを作る会社
  • 以下の要素がある
    • リサーチ機能
      • 筑波大学落合研究室(DNG)から要素技術が連続的に生まれてくる
      • DNG他、地方国立大学などと産学連携をおすすめている
      • 世界中の最新研究をウォッチして先端技術でできること、できないことを判断が可能。
      • 将来的に必要な技術への先見性を持つ
    • 技術開発機能
      • 自社独自の波動制御技術に強みを持つ
      • 開発中は共同研究開発費/開発マイルストーン収入を得る
      • 量産設計・生産フェーズは共同開発先に任せ、ライセンス収入がを得る
    • 事業開発機能
      • 顧客の現場の声を丹念にヒアリング
      • スマホ、タブレットでは解決できない課題に対してテクノローじで解決や改善を目指し、ビジネスへと昇華させる
      • 課題解決のために要素技術をカスタマイズ
  • ビジネスモデル
    • 大学の持つ技術を顧客企業と結び付けることで社会実装まで実現を行う。
    • 大学へは新株予約権付与による知財100%予約継承を実現
    • 顧客企業へは育てた技術をベースとした共同開発〜技術ライセンスを実施
    • 社会への実装速度も早くなる
    • リボン型ビジネスモデル
  • 技術領域
    • UI
      • 非接触運搬
      • 空中触覚
      • 創傷治癒
      • 人工授粉
      • スカルプケア
      • など
    • センシング/データ処理
      • 空間温度分布計測
      • 空間のデジタル化
      • 物体識別
      • など
    • 応用技術/DXソリューション
      • 自動運転車椅子
      • など

PXDTの主要技術について

Pixie Dust

超音波の空間分布を制御することにより非接触で物体を空中に維持して3次元的に動かすことのできる技術

Holographic Whisper

超音波焦点を形成し空気の非線形性によって可聴音を発生させることで任意の位置に音源を配置する技術

Fairy Lights in Femtoseconds

空中にレーザープラズマ光源で映像を描画するとともに手で触れた際に触覚を感じることができる技術

Air Mount Retinal Projector

独自の光学系によりプロジェクターを仮想的に眼球内に転写し、視力に依存せずに鮮明な像を見せる技術

Pixie Nest

  • PXDTは先端技術と社会実装の現場をつなぎ、テクノロジーによる課題/ニーズの解決を目指す
  • Pixie Nestはこれらを連続的に想像するためのコンソーシアム
  • アカデミなの新技術情報を基に、企業の0→1フェーズをサポート
  • 課題・ニーズドリブンで産学官民の連携でテクノロジーによる社会課題解決を推進

ビジネスモデル概要

共同検討→共同R&D(プロダクト共同開発・ソリューション共同開発)→事業化

プロダクト共同開発事例

予防医学のアンファー

日本医科大学 形成外科学教室との取り組み(2012~)

鹿島建設

鹿島建設と共同研究開発を推進 大学発・先端テクノロジーを建設現場に実装へ

KOTOWARI 理

空間を把握し、その結果に基づいて適切なフィードバックを人やロボットに届け、人や移動体の把握と制御を可能に、安全かつ快適な空間づくりに貢献。適材適所な技術選定及び技術開発によってInputからOutputまでを一貫してソリューションに組み上げるところにPXDTの強みがある。

X DIVERSITY (クロスダイバーシティ)

メンバー

  • 代表:落合陽一 筑波大学准教授/PXDT CEO
  • 菅野裕介 東京大学准教授
  • 本田達也 富士通株式会社
  • 遠藤謙 Sony CSL Xiborg

X DIVERSITYとは

  • 計算機によって多様性を実現する社会に向けた超AI基板に基づく空間視聴触覚技術の社会実装
  • 少子高齢化社会の中で身体障害・身体多様性・認知多様性などの問題に着目
  • 人が人を支える部分を機械やソフトウェア、ロボットなども用いることで課題の解決または緩和をする
  • 先天性と後天性の障害を同じ問題として取り扱う
  • 解決策がシンプルだが、問題がわからないのをX DIVERSITYは取り扱う

取組み例

xMove

当初遠隔で操作をしていた自動運転車椅子でしたが、現在では介護現場に持っていってxMoveプロジェクトとして開発研究を行っている。アクセシビリティデバイス自体の研究だけに止まらず、取組み自体の認知度の向上や、コミュニケーションなど、技術と現場の声をつなぎ合わせながら活動を行っている。デバイスとAI、データセットとの繋ぎこみやであったり、研究現場だけでは発見できない課題や、現場の声のキャッチアップなど活動は多岐にわたる。

義足を使った歩行までの過程による当事者検証

作家:乙武洋匡氏によるロボット義足を用いたチャレンジ。3Dプリンタで作成した義足による歩行の取組み。

オーケストラ

テクノロジーとオーケストラを融合し、目や耳、体(振動)などで感じるオーケストラを開催。新しい共感覚をテクノロジーを使って実践した。

音声文字変換

コロナで発生したオンラインミーティングに対する課題に取り組む。画面に文字をかぶせることで聴覚に課題があるひとも会議に参加することが可能になる。きっかけになったTwitterは以下

AWSの利用について

以下、xMove等担当:リードエンジニア佐々木氏より

AWSを使っている理由

AIなどのサービス開発を進めるにあたっての柔軟な開発リソース(計算機資源)

利用開始当初の2018年、NVIDIA V100を提供しているのがAWSだけだった。AWSを利用することで負担の大きかった学習時間が2から7倍程度早くなった。

ニーズ・課題に沿った、ソリューションの効果的な実装

AWSは提供しているサービスが豊富、情報入手しやすい。クラウドのサービスを組み合わせて使うことで開発が非常に効率的になるが、1担当者レベルだと全てのサービスを網羅できない。AWSのソリューションアーキテクトにフォローしてもらうことで効率的に開発を進めることが可能だった。

安全性と継続性の確保

PXDTでは順次サービス展開をしていく予定だが、データの安全性やサービスの継続性が重要と考えている。AWSは歴史があり、SLAについてもしっかりしておりクラウドの中でもAWSが一番安心感がある。またセキュリティの設定を安全側に倒していることも魅力の一つ。

今後、AWSに期待すること

機械学習において性能の高いリソースで効率的に学習、開発を進めることが多いため、さらなるコストに関するティスカウントがあるとありがたい。

感想

落合陽一氏のセッションから、ピクシーダストテクノロジーズ社のAWSを利用した実際のプロジェクト、AWSを利用した開発、活用について再認識することができました。実用まで時間のかかるイメージのある大学の研究を実社会へいち早く展開するための取組の土台としてAWSが活用されていること、非常に興味深かったです。