合成音声のナレーションが付いた動画マニュアルを作成できる無料アプリのご紹介

2020.04.15

はじめに

Webアプリやスマホアプリの動画マニュアルを作成する「エコーズ」というアプリのご紹介です。エコーズではAmazon Pollyで作成した合成音声のナレーションを入れることができます。現在、ベータ版として公開されており無料ですので是非お試しください。

Microsoftストアで「エコーズ(ベータ)」と検索するか、こちらのページからインストールすることもできます。

1.録画する

まずはPCの操作を録画します。①のボタンを押して録画します。スマホアプリの動画マニュアルを作成したい場合はスマホで録画してから、インポートします。すでに動画ファイルがある場合は②のボタンからインポートできます。

録画するか、動画をインポートすると動画一覧に表示されるのでクリックします。

2.不要な部分をトリミングする

次に録画を止めている部分など不要な部分がある場合は動画をトリミングします。動画をインポートしている場合はこの作業は不要です。また、動画編集後にトリミングすることもできます。左のトリミングアイコンをクリックするとトリミング画面が表示されますので、トリミングしたい時間を指定してください。

トリミング後は新しい動画が選択されている状態になっているのでそのまま編集できます。

3.音声合成のナレーションを入れる

テキスト入力で音声合成を使ったナレーションを入れることができます。右の追加ボタンから「読み上げ」をクリックしてください。

開始時間、言語、声の種類、読み上げの内容を入力したら再生ボタン(赤枠のボタン)をクリックしてください。指定した再生時間から動画が再生されます。

ナレーションの内容を字幕で表示することもできます。

4.強調する

説明がより分かりやすくなるように矩形を追加します。追加ボタンから「図形表示」をクリックしてください。

図形の種類やサイズ、表示する時間、色、などを指定します。今回は枠を表示したかったので塗りつぶしをなくしています。 「表示位置を確認」をONにすると、図形が表示される位置を確認できます。位置をドラッグアンドドロップで調節できます。「表示位置を確認」のスイッチがONになっている時は動画を再生できないので、位置を確認したらOFFにしてください。

図形表示は他にも個人情報など画面の一部をぼかしたい場合などにも使えます。

5.ファイルを結合する

必要であれば1~4の作業を繰り返して、最後に1つの動画ファイルにします。矢印のアイコンをクリックしてファイル結合の画面から結合してください。

6.ファイル出力する

最後にファイル出力します。右下にある動画ファイル作成ボタンを押してください。

注意事項

  • ベータ版は無料でご利用いただけますが、一日に利用できる読み上げの文字数に制限を設けています。日本時間ではなくUTCで日付を管理しているので午前9時にリセットされます。
  • お問い合わせ窓口は設けておりませんので、大変恐縮ですがご意見、ご要望がありましたらアプリ内のフィードバックのフォームからお願いします。
  • MacのVMWare Fusion上で動作するWindows10ではエコーズは使えません。仮想化環境はサポート外とさせていただきます。
  • Windows Media Playerを無効にしている状態で、エコーズが正常に動かない場合はWindows Media Playerを有効にしてからお試しください。

最後に

簡単にインストールでき、すぐに使えますので是非お試しください。フィードバックの画面がありますので、使ってみた感想、追加して欲しい機能のご要望などをコメントいただけると幸いです。

インストールはこちらからお願いします。