オンラインミーティングでAmazon Chimeを選択肢に入れてみませんか?

2020.04.14

こんにちは!恩塚です!

最近なにかと話題のオンラインミーティングですがAmazon Chimeをご存知でしょうか?

気になるアップデート・オファーと合わせてご紹介します。

そもそもAmazon Chimeって?

Amazon Chimeは、ビデオ会議やオンライン会議、通話、チャットを簡素化する、リアルタイムの通信サービスです。

こちらの動画で実際に使ってみてます!

AWSアカウントを持っていない場合でもAmazonアカウントがあれば以下のダウンロードページにアクセスして、Amazon Chimeを無料で試すことができます。

Amazon Chime をダウンロード

以下の記事で使い方についても解説されてますのでご参考にしてください!

オンラインミーティングサービスAmazon Chimeを試してみた

会議参加者数の上限が250人に!

今までの上限であった100人から

Amazon Chime のすべての会議においてサポートされる参加者数が最大 250 人に

また以下のような機能が追加され大人数の会議がより快適になったようです!

  • 新しい参加者の音声を自動的にミュートする
  • 25 人以上の参加者が招待されているか出席している会議において、参加者のステータス変更通知や、参加時および退席時の通知音を無効にしたりする

期間限定(2020/6/30まで)のオファー

(参考)Amazon Chime をダウンロード

AWS は、2020 年 3 月 4 日から 2020 年 6 月 30 日までの期間中に AWS アカウントから初めて Amazon Chime を使用するすべてのお客様に、当該期間中のオンライン会議およびビデオ会議用のすべての Amazon Chime Pro 機能を無料で提供します。

Basicと比べてProは何が違うかというと

  • 会議をスケジュールに入れる
  • インスタント会議を開始
  • 最大 250 人の参加者をホスト
  • 会議の録音
  • 会議をロックする

などの機能がProのみになります。

ビジネスで使うとしたらどれも必須になってきそうです。

(参考)Amazon Chime 料金表

※注意※2020 年 6 月 30 日まで無料になるのはAWSアカウントから使用する場合に限ることです!

Amazonアカウントで開始したときはProの無料期間は30日間です。

また既にそのアカウントでAmazon Chimeを使用している場合はAWSアカウントマネーシャーにクレジットの資格があるかを確認しましょう。

使い方のシナリオは複数ある

①Amazonアカウントを使ってサインアップしてMTGにゲスト参加してもらう

動画で扱っていた方法になります。

招待URLから参加を募り、参加者はAmazonアカウントの有無に関わらずに参加することができます。また参加者はWebアプリケーションで参加することも、クライアントアプリケーションをダウンロードして参加することもできます。

まずはライトに試してみたいときはこの方法になるかと思います。

②AWSアカウントでサインアップしてMTGにゲスト参加してもらう

AWSのコンソールからAmazon Chimeを開始してその後は①と同様にMTGを開催することもできます。

③AWSアカウントでサインアップして組織を形成して利用する

AWSのコンソールからAmazon Chimeを開始します。

組織内でユーザの権限管理を設定したりと、しっかり使う場合はこちらになると思います。

(参考)Amazon Chime の特徴

(参考)セキュリティを強化するために会議をロックする

(参考)Amazon Chime のよくある質問

おわりに

オンラインミーティングの選択肢として試してみてはいかがでしょうか!