2020年度版 動画で紹介するWindows10 8つのおすすめ設定

2020.03.16

はじめに

今年の1月にWindows7のサポートが終了し、Windows10に移行された方も多いのではないでしょうか。 Windows10はデフォルトだと使いづらいところもあるので、いくつかおすすめの設定を紹介したいと思います。すべて設定変更の手順を動画で見れるようにしてみました。音が出ますのでミュートにしている方はOFFにしてください。

私は現在の最新バージョン1909(November 2019 Update)を使っています。

  1. デスクトップにアイコンを表示する
  2. IMEを切り替えた際に表示される通知を無効化
  3. スナップを無効化 もしくはWindows7,8と同じようにする
  4. タイムライン機能をオフにする
  5. Cortanaを無効化する
  6. 不要なスタートアップアプリをオフにする
  7. IMEでクラウド候補の予測変換を使う
  8. 高速スタートアップを無効化する

デスクトップにアイコンを表示する

デスクトップにゴミ箱のアイコンしかないので、コントロールパネルなどのアイコンを表示します。

IMEを切り替えた際に表示される通知を無効化

バージョン1703以降でIMEを切り替えた際に表示される「あ」、「A」のような通知が表示されるようになりました。 これは結構邪魔なので非表示にします。

スナップを無効化 もしくはWindows7,8と同じようにする

Windows7でいうエアロスナップの機能がWindows10にもあります。意図せずウインドウが最大化されてしまうことがあり使ってない人もいるかと思います。使わない場合は以下の手順で無効化します。

スナップは使うけどWindows7や8と同じようにしたい場合は動画の中にある以下の画面のチェックを外してください。

タイムライン機能をオフにする

バージョン1803でタイムライン機能という機能が追加されました。これは過去におこなった作業を検索できる機能です。 これがあると使いづらいということはないのですが、プライバシーの観点でオフにしたい方も多いと思います。

Cortanaを無効化する

CortanaとはWindows10に搭載されている音声アシスタントです。使わない方のほうが多いと思いますので無効にする手順を動画にしました。タスクバーのアイコンを非表示にしてから声に反応しないようにしています。私のPCにはデスクトップなのでマイクはついていないため実機では未確認です。

不要なスタートアップアプリをオフにする

ログイン時に使っていないアプリが起動している場合はオフにしたほうがいいでしょう。私はOneDrive使っていないのでオフにしてみました。

IMEでクラウド候補の予測変換を使う

IMEで予測変換にクラウド候補を追加するとBingの変換候補を追加してくれます。 デフォルトで無効になっているので有効にしています。

設定後、何回か試しましたが候補に雲のアイコンが出てこなかったです。「りんな」のアイコンは出てくるのですが・・・。複数の環境で試しましたが、全部同じだったのでもしかすると現在は不具合で効いていない可能性があります。

高速スタートアップを無効化する

私は何も起こったことはありませんが、Windowsの高速スタートアップを有効化しているとシステムが不安定になるなどデメリットが多いそうなので無効化します。

最後に

この動画は弊社で開発したエコーズという無料のアプリを使って作成しています。エコーズは動画マニュアルを作成するためのツールです。PCの画面を録画したり、動画に文字入力でナレーションを入れたり、画像をオーバーレイする機能があります。インストールに1分もかかりませんのでぜひお試しください。インストールはこちら

テキスト読み上げサービスで作った声を動画に追加できるアプリ エコーズのベータ版をリリースしました