チュートリアルで学ぶAlteryx Designer データの変換編

こんにちは。Alteryxサポートエンジニアとして勉強中のスズです。

Alteryx Designerにはチュートリアルが用意されており、基本的な使い方から学ぶことができます。今回はAlteryx Designer日本語版のチュートリアルから「データの変換」をご紹介します。

関連エントリ:

データの変換編

チュートリアルの「データの変換」では、列の変換や追加、データのフィルタリングなどを学びます。

列を修正する

このチュートリアルでは、 準備 -> 選択 を使用して、列(フィールド)の名前の変更や順番を入れ替えます。

ワークフローに選択ツールを配置し、データ入力ツールに接続します。選択ツールの設定ウィンドウには、以下の通り表示されています。

列の名前を「First」から「First Name」に、「Last」から「Last Name」に、「Email」から「Registration Email」に変更します。また、「Email」列を「Registration Date/Time」列の上に移動します。移動したい列を選択している状態で、設定ウィンドウの上部にある矢印をクリックして移動します。

データのクレンジング

このチュートリアルでは、 準備 -> データクレンジング を使用して、不要な文字を削除します。

データクレンジングツールを配置して選択ツールと接続します。データクレンジングツールが受け取るデータは以下のようになっています。「Gender」列に不要な文字("*~~//")があります。

データクレンジングツールの設定ウィンドウで以下を選択します。

  • クレンジングするフィールドを選択:「Gender」列
  • 不要な文字を削除する:句読点
  • 大文字小文字の変換:タイトルケース

ワークフローを実行して結果を確認すると、「Gender」列から不要な文字("*~~//")がなくなり、初めの文字が大文字になっていることが確認できます。

列を追加する

このチュートリアルでは、 準備 -> フォーミュラ を使用して、新しい列を追加します。

フォーミュラツールを配置してデータクレンジングツールに接続します。フォーミュラツールでは以下の通り設定します。新しく「Full Name」列を作成し、「First Name」、半角スペース、「Last Name」を続けて出力します。

  • 「列を選択」にて「+ 列を追加」を選択し、「Full Name」を入力
  • データ型は「V_Wstring」、サイズは「35」を入力
  • 式に「[First Name] + " " + [Last Name]」を入力

ワークフローを事項して結果を確認すると、一番最後に「Full Name」列が作成されています。

データのフィルタリング

このチュートリアルでは、 準備 -> フィルタ ツールを使用して、条件に合致するデータと合致しないデータに振り分けます。

フィルタツールを配置してフォーミュラツールに接続します。フィルタツールでは、以下の通り設定します。

  • 基本フィルタ:「Country」「等しい」「US」

ワークフローを実行して結果を確認します。True (T) には条件に合致したデータのみ表示されます。

False (F) には条件に合致しなかったデータのみ表示されます。

最後に

今回はAlteryx Designerのチュートリアルから「データの変換」をご紹介しました。Alteryx Designerの学習にチュートリアルをお役立ていただければ幸いです。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400