Tableau 2018.3 新機能紹介:ソート機能のダイアログで細やかなソート条件指定が可能に #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

先日2018/07/31にTableau v2018.2が正式リリースされましたが、このリリースに続く形で次のバージョンである「v2018.3」についてもベータ版の情報が展開され始めています。

v2018.2の新機能紹介を始めたばかりでまだかなり気が早い気もしますが、v2018.3についても非常に興味深い内容が待ち構えているようなのでベータ版ではありますがどのような内容なのか見てみたいと思います。

当エントリで紹介する内容は2018/08/02時点でのベータ版の内容であるため、正式リリースの際には内容や情報が変更となっている可能性がありますのでご了承ください。

当エントリでご紹介するv2018.3の新機能は「ソート機能のダイアログで細やかなソート条件指定が可能に」です。

ソート機能が更に便利になります

先日正式リリースとなったv2018.2では、以下エントリで紹介したようにソート機能の改善がなされました。これだけでも十分嬉しい内容ですが、今回はその流れを加速する機能追加となります。

内容を確認するための検証用ビューを作成してみます。日本語版及び英語版スーパーストアのデータを使い、シンプルな棒グラフを用意しました。それぞれ「売上額の合計を顧客名毎に算出し、金額の多いものから順に並べている(降順)」ものとなります。

 

従来&初期設定値での並べ替え

行列シェルフに配備したソート対象の項目要素を右クリックし、「並べ替え」を選択。

Tableau 2018.3では、以下の様に表示内容がリニューアルされました。初期設定は画面操作で行った内容となっています。

「データソース順」で並べ替え

この設定で並べ替えてみると、日本語データは五十音順で並べられているようです。英語データも見た感じ同じような並びです。

「データソース順」という言葉自体はあまり馴染みがない感じがしますが、英語表記(Datasource Order)で調べてみるとコミュニティに以下の様なスレッドを見つけました。ぱっと見は問題無さそうな感じがしますが、より精密に日本語データ相手に使うのは内容を吟味する必要があるかもしれません。

Data Source Order depends on the data type. This field is a string so it is sorted in data source order alpha numerically. I don't know a way to make it run in the order from how you see it in your datasource other than running an index inside the database itself. 1, 2, 3, etc assigned based on how it appears in your datasource.
(データソースの順序は、データ型によって異なります。このフィールドは文字列であるため、データソースのアルファベット順にソートされます。データベース内でインデックスを実行する以外に、データソースでの表示方法から順に実行する方法はわかりません。1、2、3などは、データソースにどのように表示されるかに基づいて割り当てられます。)

If you are referring to data then "data source order" does not meat exact order in which rows appear in database as it is not stable.
(あなたがデータを参照している場合、 "データソースの順序"は安定していないので、行がデータベースに表示される正確な順序にはなりません)

「アルファベット順」で並べ替え

「アルファベット順」では、英字データでは文字通りの順序で並べられている模様。一方日本語データについては何らかの法則性に基づいて並べられているようですが、正確に「どういう規則性を持って並べ替えられているのか」ついては分かりませんでした。(どなたか参考情報などお持ちでしたら教えて頂けると嬉しいです)

「任意のフィールドと条件」を選択して並べ替え

「任意のフィールドの条件」を選択して並べ替える事も可能となりました。選べるのは「並べ替えの順序」「フィールド名」「集計」の3種類。表示内容のソート順を、表示内容とは全く異なる条件で変える事が可能です。ただこちらの設定については、見せ方やデータの内容を含めて把握した上で使わないと間違った認識を行ってしまいそうな気がします。ので注意したいところ。

手動での並べ替え

最後の手法は「手動で意図した内容に並べ替える」というもの。ユーザーの意図した、「固定した順番」で要素を並べ替えたい時に利用可能です。

まとめ

というわけで、Tableau 2018.3の新機能「ソート機能のダイアログで細やかなソート条件指定が可能に」のご紹介でした。

並べ替えの順序をより意図的に、スムーズに変更・設定出来るようになったのは嬉しいところです。ただその順序や使い方についてはそれぞれ癖があると思いますので、使い所を見極めて賢く活用していきたいものですね。