【小ネタ】Tableau Prepをサイレントインストールしてアクティベーションまで一気に終わらせる

はじめに

あけましておめでとうございます。

DI部@大阪オフィスのtamaです。この会社に1年もいると、今年まだ一本もブログ書いてない…やばい…眠れない…という意味不明な症状に悩まされるようになってきます。というわけで、今年も毎日ぐっすり眠るため、さっさと2019年一発目のブログをアップしていきたいと思います。

ちなみに小ネタです。

Tableau Prepのインストールにかかる手間を最小限に…

Tableau Prepを使用するためには、インストールしただけではダメです。別途プロダクトキーを入力してアクティベーションを行う必要があります(まあ大体の有償アプリケーションはこういう形だと思いますが…)。

検証した環境

  • Windows 10 Pro(macOS上のVMwareにて起動)
  • Tableau Prep 2018.3.3

普通にインストール→起動だと…

Tableau Prepのインストーラーをダウンロードして実行すれば、インストールは完了します。

そして、インストールしたTableau Prepを実行すると、下記の画面が表示され、プロダクトキーを入力する必要があります。

コマンドでインストール〜アクティベーションまで一気に!

ちょっとしたことではありますが、インストールした後に、もういっちょプロダクトキーを入力しないといけないのは、意外と面倒だったりします(待ち時間もありますし…)。そんないらちなユーザーのため、Tableau Prepはコマンドラインからサイレントインストールを行うことができます。しかもアクティベーションまで一気にできるので、これさえやっちゃえば、後は起動するだけで使い始めることができます。

コマンド

<インストーラーの名前>.exe /option1 /option2 PROPERTY1 PROPERTY2

上記のコマンドが、Tableau Prepをコマンドラインからインストールするものになります。ここにオプションを付与することで、アクティベーションまで完了させることができます。

今回試してみるコマンド

TableauPrep-64bit-2018-3-3.exe /quiet /norestart ACCEPTEULA=1 ACTIVATE_KEY=“<プロダクトキー>” 

このコマンドを実行することで、下記の効果を付与したインストールを実行することができます。

  • インストーラーを静音モードで実行する
  • 再起動せずにインストールを終了するよう設定する
  • エンドユーザー使用許諾契約書 (EULA) に同意する
  • 指定したプロダクトキーでアクティベーションを実行する

いざ実行

インストーラーをTableau公式ページからダウンロードして、実行してみます。コマンドプロンプトですが、管理者として実行することをオススメします(通常だとUACプロンプトが表示されて、完全な自動にならないため)。

コマンド実行後、少し目を話した途端、コマンドはとっくに終了し、すでにショートカットがデスクトップに配置されておりました。

起動してみる

ショートカットを実行してみます。

問題なく実行できました。インストールウィザードをポチポチしたり、起動したと思ったら今度はプロダクトキーを入力しないといけなかったり…といった煩わしい作業を避けて、Tableau Prepをインストールすることができました。

おわりに

今回はTableau Prepでやりましたが、ほとんど同じ方法でTableau Desktopもサイレントインストールすることができます。ぜひお試しください。また、今回は触れていませんが、通常インストールしたTableau Prepに対して、アクティベーションをコマンドラインで実施することもできます。

参考