Amazon Linux にZabbix2.4系をインストールしてみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは、川原です。
最近、業務の関係で運用監視ツールのZabbixをさわる機会が多いです。
弊社のブログで以前、Zabbix2.0系のインストールを紹介した記事がありましたが1、今回はその最新バージョンである2.4系をAmazon Linuxにインストールしてみたので、その方法を紹介します。

前提

インストール先のAmazon Linuxは下記

  • Amazon Linux AMI 2015.03 (HVM)

インストールするZabbixのバージョンは下記

  • 2.4-1

やってみた

まずはパッケージ群のインストールを行います。インストール対象のEC2インスタンスにSSHでログインして、下記のような感じですすめます。

# rootにスイッチ
$ sudo su -

# RPMファイルの登録
$ rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el6.noarch.rpm  

# Zabbixパッケージ群のインストール
$ yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent 
〜出力省略〜

#インストール結果の確認
$ zabbix_server -V
Zabbix server v2.4.5 (revision 53282) (21 April 2015)
Compilation time: Apr 22 2015 23:08:17

次にZabbixで使用するDBMSをインストールします。MySQLやPostgresqlなどメジャーなものは使えるようですが、今回はMySQLをインストールします。

$ yum -y install mysql-server
〜出力省略〜

$ mysqladmin version
mysqladmin  Ver 8.42 Distrib 5.5.42, for Linux on x86_64
Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Server version      5.5.42
Protocol version    10
Connection      Localhost via UNIX socket
UNIX socket     /var/lib/mysql/mysql.sock
Uptime:         20 min 48 sec

Threads: 23  Questions: 1479  Slow queries: 0  Opens: 59  Flush tables: 1  Open tables: 52  Queries per second avg: 1.185

バージョン5.5.42のものがインストールされました。
次にMySQLの設定を行います。

#データベースとユーザーの作成
$ mysql -uroot
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'YOURPASSWORD';
mysql> exit

#スキーマの登録
$ cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.5/create/
$ mysql -uroot zabbix < schema.sql
$ mysql -uroot zabbix < images.sql
$ mysql -uroot zabbix < data.sql

ZabbixはPHPを使って実装されています。
PHPの設定ファイルの編集を行います。

# メモリ周りの設定変更
$ sed -i -e "s/memory_limit = 128M/memory_limit = 256M/g" /etc/php.ini
$ sed -i -e "s/post_max_size = 8M/post_max_size = 16M/g" /etc/php.ini
$ sed -i -e "s/max_execution_time = 90/max_execution_time = 300/g" /etc/php.ini
$ sed -i -e "s/max_input_time = 60/max_input_time = 300/g" /etc/php.ini

# タイムゾーンの設定
$ sed -i -e "s/;date.timezone =/date.timezone = Asia\/Tokyo/g" /etc/php.ini

# Zabbixの起動時のセキュリティチェックでエラーとなるのでコメントアウトする
$ sed -i -e "s/;always_populate_raw_post_data/always_populate_raw_post_data/g" /etc/php.ini

Apacheの設定を行います。
Apacheは2.2系と2.4系でアクセス制御回りの設定方法が変わっていますが、Zabbixのパッケージに付属している設定ファイルが2.2系のものなので、その辺りの変更を行います。
詳しくはこちらを参照ください。

$ vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

#
# Zabbix monitoring system php web frontend
#

Alias /zabbix /usr/share/zabbix

<Directory "/usr/share/zabbix">
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride None
    #Order allow,deny
    #Allow from all
    Require all granted

    php_value max_execution_time 300
    php_value memory_limit 128M
    php_value post_max_size 16M
    php_value upload_max_filesize 2M
    php_value max_input_time 300
    # php_value date.timezone Europe/Riga
    php_value date.timezone Asia/Tokyo
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/conf">
    #Order deny,allow
    #Deny from all
    Require all denied
    <files *.php>
        #Order deny,allow
        #Deny from all
        Require all denied
    </files>
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/api">
    #Order deny,allow
    #Deny from all
    Require all denied
    <files *.php>
        #Order deny,allow
        #Deny from all
        Require all denied
    </files>
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/include">
    #Order deny,allow
    #Deny from all
    Require all denied
    <files *.php>
        #Order deny,allow
        #Deny from all
        Require all denied
    </files>
</Directory>

<Directory "/usr/share/zabbix/include/classes">
    #Order deny,allow
    #Deny from all
    Require all denied
    <files *.php>
        #Order deny,allow
        #Deny from all
        Require all denied
    </files>
</Directory>

最後にZabbix設定ファイルの編集を行います。

$ vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
#以下箇所を適切に修正します
#DBName、DBUser、DBPasswordは上のMySQLの設定で行ったデータベース名、ユーザー名、パスワードと整合するように記載
DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=YOURPASSWORD

これで設定ファイルの編集はおしまいです。
各ミドルの起動と、OS起動時の設定を行います。

$ service mysqld start
$ chkconfig mysqld on

$ service zabbix-server start
$ chkconfig zabbix-server on

$ service httpd start
$ chkconfig httpd on

これで準備は完了です。

疎通確認

ブラウザから、下記URLにアクセスしてみましょう。

http://"EC2のPublic IP"/zabix/

mod_img02

無事、アクセスできました。
初回アクセス時はウィザード画面で色々聞かれます。ウィザード後の下記画面では次のアカウント情報でログインしてください。

  • Username: Admin
  • Password: zabbix

mod_img12

最初は英語表示ですが、ユーザー設定画面で「Language(言語)」を変更することで日本語表示も問題ありません。

mod_img10

mod_img09

まとめ

現時点の最新Amazon LinuxにZabbix2.4系をインストールしてみました。
2.0系から大きく手順が変わるところはありませんでした。
Zabbixを使い倒して運用監視を楽にしましょう。
では、また。