BaaSでゲーム開発インフラをスピード構築!AWS技術の研究に触れるイベント「Developers.IO 2018」でノウハウ公開 #cmdevio2018

城岸直希

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS技術を実践研究するエンジニア集団・クラスメソッドが主催するお祭り「Developers.IO 2018」の季節がやってきました。10月5日(金)秋葉原で開催するこのイベントを熱くヒートアップさせるため、プレゼン担当者からのセッション紹介コメントなどをお届けしています!

今回はそのシリーズ第7弾として、イベントで「AWSのBaaSでゲームインフラをスピード構築」をテーマに話すクラスメソッドAWS事業本部コンサルティング部・シニアソリューションアーキテクトの城岸直希からのコメントを掲載。城岸はAWS環境のコンサルティングと導入支援を担当しています。

AWSのBaaSでゲーム開発を加速しませんか?

本セッションでは、BaaS(Backend as a Service)の中でも注目度の高いGameSparks・GameLiftという2つのサービスを使って、可用性の高いマルチプレイヤーゲームを高速で開発する方法を紹介します。そのため、まずBaaSでは何ができるかを知ってもらうためにこのテーマを選びました。ゲームインフラをクラウドで構築する案件は年々増えています。しかし、ゲーム開発向けのBaaSを使ってアーキテクチャを構成するケースはまだ少ないのが現状です。

ゲーム開発者はAWSが提供するゲーム開発向けBaaSを利用することで、リアルタイムデータリレー・ユーザー認証・分析など、開発で必要になるさまざまな機能を実装できます。また、マルチプレイヤーゲームにおいては世界にまたがるスケーラブルなゲームサーバーを構築することも可能です。AWSを使ったゲームインフラに興味がある方はぜひご参加ください!

10月5日は秋葉原UDXへ!

ゲーム開発におけるクラウド活用を語るセッション「AWSのBaaSでゲームインフラをスピード構築」は、10月5日(金)14:30〜15:10に秋葉原UDXで行います。ゲームインフラとしてのAWSの可能性を知りたい方、ご参加をお待ちしております!

※当日はどのセッションも満席近い状況が予想されます。立ち見となる場合もございますが、あらかじめご了承ください。

お申し込みはこちら
プロモーションコード”devio2018”を入力すると1000円オフ!

*他のスピーカーやセッション紹介は「Developers.IO 2018を徹底的に楽しむ」シリーズ記事一覧