新しいWell-Architected Partner Programが発表されました #reinvent

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

現在開催中のre:Invent 2018において、新しいパートナープログラム、その名も「Well-Architected Partner Program」が発表されました。

Introducing the AWS Well-Architected Partner Program | AWS Partner Network (APN) Blog

AWS Well-Architected Partner Programとは?

AWSがそのパートナーに対して、Well-Architectedフレームワークに基づいたAWSアーキテクチャの構築、実装、移行、運用最適化などのAWSに関する深い知見と実践経験あることを示すものです。

APNパートナープログラムの特典

AWS Well-Architected Partner Programを取得しているパートナーは、ビジネスに最適化されたAWS構成の提案ができます。また有名なAPNパートナーによるAWS構成のレビューは、そのワークロードの改善に非常に効果的です。

パートナープログラム取得の要件

ビジネス要件

プレミアムパートナーか、アドバンスドパートナーである必要があります。 セレクトパートナーは、他の全ての要件を満たしていることが必要条件となります。

  • エグゼクティブスポンサー
    • パートナーはWell-Architectedプログラム実践のエグゼクティブスポンサーである必要があります。これは、プリセールス、実装、運用、マネジメントを含みます。
  • 各リージョンでのレビュー
    • 各リージョンで四半期に4回のWell-Architectedのレビューが必要となります
  • Well-Architectedのリード実践
    • 各リージョンで4半期毎に2回の顧客レビューを実施する必要があります。レビュー担当者はソリューションアーキテクトプロフェッショナルの資格が必須です。

トレーニング要件

Well-Architectedプログラムに応募するパートナーは、以下のトレーニング要件を満たす必要があります。

  • AWS Well-Architected Overview
  • エグゼクティブスポンサーシップコール
  • 営業向けトレーニング
  • テクニカルブートキャンプ

テクニカルブートキャンプの後、Well-Architected パートナープログラムの資料が提供され、顧客に対してプラクティスを提供する準備が整います。

APNパートナーが四半期毎に最低4回のレビューを実施報告後、正式にAWS Well-Architected パートナープログラムに参加することが可能です。それにより、AWSからマーケティング開発資金(MDF)やGTM(Go To Market)サポートの恩恵を受けることができます。

パートナープログラムへの参加方法

以下が公式ページとなります。

AWS Well-Architected - Partners

既に13社が登録参加しているようです(以下はパートナーの一例)

具体的な参加方法は、下記のページに記載があります。

How the AWS Well-Architected Framework Drives Growth for Customers and APN Partners | AWS Partner Network (APN) Blog

ツールも発表されました!

ユーザー自身でWell-Architectedへの準拠状況を判定するツールも同時に発表されました。

Well-Architectedプログラムを実践するパートナーについてのAWSお墨付きプログラム

AWSにおける構築のベストプラクティスである、Well-Architectedフレームワークは既に提供されているものがありました。

AWS Well-Architected – 安全で効率的なクラウド対応アプリケーション

今回、このプログラムについて、AWSがパートナーを認定(いわゆるひとつのお墨付き)することで、ユーザーからはより安心してAWSパートナーを探しやすくなる基準となることが期待されています。

というわけで、クラスメソッドも各部署が全力でアップしているので、そのうち認定取得のPRがでることでしょう(勝手な推測)。

それでは、今日はこのへんで。濱田(@hamako9999)でした。