Pertino Gatewayを使ってAWS上の同一サブネットの別EC2インスタンスと通信してみる

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、コカコーラが大好きなカジです。

PertinoはVPNゲートウェイとしてVPN接続できなかったのですが、最近、機能アップデートでPertino Gatewayを使って可能となりました。 そのため、前回までは通信する端末のすべてにPertino Clientをインストールしていましたが、今回はPetino Gatewayを経由してAWS内の同一サブネットのEC2インスタンスへリモートアクセスしたいと思います。

構成図

kaji-pertino-gw-kousei

前提条件

Pertinoのユーザ作成と、Macbook AirへのPertinoのインストールはここを参照し完了していることとします。 AWS VPCで、サブネットを1つ作成しておきます。

AWS側 Pertino Gatewayの構築

EC2インスタンスをPertino Gateway 推奨要件の「Ubuntu 12.04」で構築します。 kaji-pertino-gw-setup-01

Pertino Gateway 推奨要件の「m3.large」で構築します。 kaji-pertino-gw-setup-02

自動割り当てパブリックIPを有効化します。 kaji-pertino-gw-setup-03

AWS側のルートテーブルの設定

Pertino内で利用する「50.203.224.0/24」をPertino Gateway経由で通信するようルートテーブルを設定します。 kaji-pertino-gw-setup-04

Pertino GatewayのEC2インスタンスの「送信元/送信先の変更チェック」の無効化

Pertino Gatewayを構築したインスタンスで、右クリック>ネットワーキング>送信元/送信先の変更チェックで、無効化します。 kaji-pertino-gw-setup-05

Pertino クライアントのインストール

ここの手順と同じです。

Pertino GatewayになるUbuntuの手順の概要だけ記載しておきます。

ubuntu@ip-10-0-1-45:~$ wget -O - http://reposerver.pertino.com/Pertino-GPG-Key.pub | sudo apt-key add -
--2015-07-30 02:21:08--  http://reposerver.pertino.com/Pertino-GPG-Key.pub
Resolving reposerver.pertino.com (reposerver.pertino.com)... sudo: unable to resolve host ip-10-0-1-45
54.221.127.124
Connecting to reposerver.pertino.com (reposerver.pertino.com)|54.221.127.124|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 1760 (1.7K) [application/octet-stream]
Saving to: `STDOUT'

100%[==================================================================>] 

2015-07-30 02:21:09 (152 MB/s) - written to stdout [1760/1760]

OK
ubuntu@ip-10-0-1-45:~$ sudo su -
sudo: unable to resolve host ip-10-0-1-45
root@ip-10-0-1-45:~# sh -c "echo 'deb http://reposerver.pertino.com/debs precise multiverse' > /etc/apt/sources.list.d/pertino.list"
root@ip-10-0-1-45:~# ls -ltr /etc/apt/sources.list.d/pertino.list
-rw-r--r-- 1 root root 58 Jul 30 03:12 /etc/apt/sources.list.d/pertino.list
root@ip-10-0-1-45:~# exit
ubuntu@ip-10-0-1-45:~$ sudo apt-get update && sudo apt-get -y install pertino-client
クライアントパッケージのインストール中に以下のログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力すればインストール完了です。

AWS側 Amazon Linuxの構築

Pertino Gatewayと同一ネットワーク(同一サブネット) に1台Amazon Linuxを構築します。 (同一ネットワークである必要があることについては、Pertinoのページに注意書きがあります。) Amazon LinuxはPertinoクライアントは現在非サポートなのですが、Gateway経由で通信可能となります。 Security Groupの設定で、Pertino Networkで利用する通信を許可するルールを作成します。 Pertino Network(50.203.224.0/24)から通信したいプロトコルを許可するようにします。 今回は、sshとicmpを許可しました。

kaji-pertino-linux-setup-01

Pertino 管理画面からの設定

まず、操作端末とUbuntuがPertino管理画面で表示されることを確認します。

kaji-Pertino-gw-gui-01

Pertino Gatewayをインストールしたホストを、Pertino上でGateway登録します。 Network View > Gatewayをクリックします。

kaji-Pertino-gw-gui-02

Gatewayの名前を入力し、対象のUbuntuを選択して、Create Gatewayを押します。

kaji-Pertino-gw-gui-03

さらに「+」を押して、hostname、Custom Name、IP Addressを記入し、VPC内のAmazon Linuxをホスト登録します。

kaji-Pertino-gw-gui-04

kaji-Pertino-gw-gui-05

kaji-Pertino-gw-gui-06

Amazon Linuxをホスト登録されたことを確認します。 kaji-Pertino-gw-gui-07

動作確認

MacBook Air から PertinoのSSL-VPNネットワークのPetino Gatewayを経由して、Amazon Linuxへ通信してみます。

% ping 50.203.224.4
PING 50.203.224.4 (50.203.224.4): 56 data bytes
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=0 ttl=63 time=47.282 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=1 ttl=63 time=45.968 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=2 ttl=63 time=30.446 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=3 ttl=63 time=65.483 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=4 ttl=63 time=31.119 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=5 ttl=63 time=57.150 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=6 ttl=63 time=55.531 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=7 ttl=63 time=27.024 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=8 ttl=63 time=43.436 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=9 ttl=63 time=49.899 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=10 ttl=63 time=35.319 ms
64 bytes from 50.203.224.4: icmp_seq=11 ttl=63 time=26.885 ms
^C
--- 50.203.224.4 ping statistics ---
12 packets transmitted, 12 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 26.885/42.962/65.483/12.283 ms
%
%
% ssh -i <キーペア> ec2-user@50.203.224.4
The authenticity of host '50.203.224.4 (50.203.224.4)' can't be established.
RSA key fingerprint is a0:76:9d:5d:4b:d4:18:4d:07:56:ac:d3:03:af:e0:bc.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '50.203.224.4' (RSA) to the list of known hosts.

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2015.03-release-notes/
32 package(s) needed for security, out of 64 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.
[ec2-user@ip-10-0-1-206 ~]$

まとめ

PertinoにてVPNゲートウェイ構成が可能となったので、Peritnoクライアントの非対応なOSなどの通信も可能となりました。利用用途が広がりますね。 インストールも簡単ですし、検証用アカウントで試すことが可能なのでPertino Gatewayをお試し下さい。 エンタープライズプランのみPertino Gatewayが使用可能なため、ご注意ください。

参考元

Installing Pertino Gateway on AWS

Pertino Gateway FAQ

Using Pertino's Gateway