NY伝説のアートディレクターからの物凄いアドバイス

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

George Lois氏について

米広告界においては伝説的アートディレクター。
1962年から1972年までエスクァイア・マガジンで92枚のカバーデザインを担当したことで有名。

本稿では氏からの物凄いアドバイスをいくつかご紹介します。


Don’t expect a creative idea to pop out of your computer.
コンピューター画面にクリエイティブなアイデアが出現すると期待するな

「アイデアを掴む前にそれをコンピュータで探したりモニターをどんなに深く深く見つめても何も出てきません。
アイデアやコンセプトを固めるまではコンピューターの前に座ってはいけません。
歩けるようになるまでは、走ることはできない」

ネットでアイデアを探すのはやりがちですけど、ある程度は頭の中でアイデアを固めた後でコンピューターに頼った方が効率が良いです。


“Advertising,” I replied, “is Poison Gas!”
「広告」は「毒ガス」である

「広告はあなたの目に涙を吹き出させ、あなたの神経系を揺れ動かし、あなたをノックアウトする必要がある」

GL_1
photo credit: georgelois.com

それっぽい素材を探してきて、それっぽい文言を添えて、それっぽく仕上げた広告だと効果が薄いですね。


To create great work, here's how you must spend your time:
1% Inspiration
9% Perspiration
90% Justification
偉大な仕事をするために使う時間の配分
1% インスピレーション
9% 発汗
90% 正当化

正当化、売り込み、説得には時間がかかります。


A truly great ad campaign is driven by a Big Idea that contains:
1. A memorable slogan!
2. A memorable visual!
偉大な広告キャンペーンは以下を含んだアイデアによってなされる
1. 記憶に残るスローガン!
2. 記憶に残るビジュアル!

GL_2
photo credit: georgelois.com

コピーライターと協力してビジュアルと文字の相乗効果がある広告を作りたいですね。


A creative person without a sense of humor has a serious problem.
創造者にユーモアのセンスがないのは深刻な問題

GL_3
photo credit: weoccupy.co.uk


Work comfortably in a formal setting.
フォーマルな環境で快適に働く

「たいていの人は心地よい環境で形式張って働く」

スーツを着てタイを締めて形式張った態度で遊園地風オフィスのハンモックにぶら下がるよりも、心地よい格好で自由に意見を交換し合って、機能的な設備に囲まれていた方が良い仕事ができそうですね?

所感

CGがなかった時代に作られた広告を見て思うのは、ツールをこねくり回さずとも、氏の言う「ビッグアイデア」があれば、とてもシンプルに直球でアイデアを伝えられることです。

※ 翻訳した文章について大きな誤りを見つけた方は教えていただけると幸いです