執筆者向けブログ編集方法リファレンス

Markdown

Markdown

このブログではMarkdownを使うことができます。コードブロックを使ったSyntaxHighlightも可能です。

Markdownを使う際の注意点

MarkdownとHTML、ショートコードを併用できますが、文法が全く同じになってしまう場合があります。
その際はHTMLを利用したりショートコードを利用するようにしてください。

見出し - heading

見出しには下記のように6つのレベルがあります。
レベルの違いに注意して利用しましょう。

見出し lv.2

## 見出し lv.2

見出し lv.3

### 見出し lv.3

見出し lv.4

#### 見出し lv.4
見出し lv.5
##### 見出し lv.5
見出し lv.6
###### 見出し lv.6

段落と改行 - paragraph

段落はそのままテキストを記述します。改行を行いたい場合、行末にスペースを2つ追加して1段下げます。
この文章はここから改行されます。

段落はそのままテキストを記述します。改行を行いたい場合、行末にスペースを2つ追加して1段下げます。  
この文章はここから改行されます。

段落を分けるには、1行のスペースを空けます。

段落はそのままテキストを記述します。改行を行いたい場合、行末にスペースを2つ追加して1段下げます。  
この文章はここから改行されます。

段落を分けるには、1行のスペースを空けます。

改行

改行は改行したい位置にスペースを二つ挿入します。

引用

引用したい文章を書く

> 引用テキスト

文字装飾 - inline

強調

強調したい文字 強調したい文字

**強調したい文字**

打ち消し線

~~打ち消したい文字~~

~~打ち消したい文字~~

リンク

target="_blank"を指定する場合はHTMLで記述するか、JavaScriptを使い、処理させます。

リンクテキスト

[リンクテキスト](https://classmethod.jp/)

リンクテキストの先頭がSyntaxHighlighterの言語名と全く同じになる場合、正しく動作しません。HTMLを使うか大文字、実体参照を使ってください。

水平線 - horizontal rule

下記の点線が水平線。HTMLとしてはHRタグとなる。


* * *

画像 - image

下記のように、代替テキストと画像のURLを指定します。 Wordpressにアップロードした画像を埋め込む場合は、HTMLタグをそのまま入力してください。

![説明](image.png)

テキストの先頭がSyntaxHighlighterの言語名と全く同じになる場合、正しく動作しません。HTMLを使うか大文字、実体参照を使ってください。

表 - table

Left align Right align Center align
This This This
column column column
will will will
be be be
left right center
aligned aligned aligned
| Left align | Right align | Center align |
|:-----------|------------:|:------------:|
| This       |        This |     This     |
| column     |      column |    column    |
| will       |        will |     will     |
| be         |          be |      be      |
| left       |       right |    center    |
| aligned    |     aligned |   aligned    |  

リスト - list

  1. リスト1
  2. リスト2
  3. リスト3
    • リスト3-1
    • リスト3-2
1. リスト1
2. リスト2
3. リスト3
 + リスト3-1
 + リスト3-2

脚注 - footnote

文章の末端にアンカーを指定します。1

文章の末端にアンカーを指定します。[^1]

[^1]: 脚注がこのように表示されます。

HTMLを使いたい

HTMLをそのまま使うこともできます。

<span class="bold">Bold</span>

SyntaxHighlight

SyntaxHighlightは「`」を3つ並べ、それをタグのように使って対象のソースコードを囲みます。

var hoge = 'fuga';

問題が発生する例

コードブロック内にMarkdownと同じ文法が含まれる場合、Markdownのコードブロックは使わずショートコードを利用してください。問題無く動作することもありますが、実例としてこの記述以降に入力されたHTMLがすべてエンコードされてしまう問題が発生しています。

``` text
**文字列**
~~文字列~~
```

  1. 脚注がこのように表示されます。