執筆者向けブログ編集方法リファレンス

エディタについて

エディタについて

記事を書くためのエディタ

記事を書く際、本文を入力するために2つのエディタのどちらかを利用します。

  • ビジュアルエディタ
  • HTMLエディタ

ビジュアルエディタ

ビジュアルエディタはHTMLを意識せずに文章が書けるエディタです。Wordに近い使い方ができます。

HTMLエディタ

HTMLエディタはHTMLかMarkdownを使って文章を書くことができます。HTMLは<h2>見出し</h2><p>文章がはいります。</p>のようにタグを使って文章構造を作ります。HTML,Markdownの使い方については専用の案内ページを確認してください。

文章構造の基本

文章構造の基本は見出しと段落で構成されます。 HTMLでは見出しを<h1>見出し</h1>から<h6>見出し</h6>のタグで表します。見出しのレベルが1から6まであり、h1は最も大きい見出し、つまり記事のタイトルとして使います。記事のタイトルが複数あるとおかしいので<h1>は1度だけです。ただし、記事のタイトルは本文の中にいれることはないので実際には<h2>から使います。

文章の例を見てみましょう。

<h2>HTMLは難しくない</h2>
<p>HTMLは難しくありません。見出しや段落、協調などの<strong>意味づけを行うタグ<strong>だと考えてください。文章の区切りには段落を区切るためにタグを分けます。<br>単純な改行にはbrタグを使います。</p>

<p>利用頻度の高いタグはいくつかあります。</p>

<ul>
  <li>見出しタグ: h1 - h6</li>
  <li>段落タグ: p</li>
  <li>リストタグ: ul, ol</li>
</ul>

簡単な例ですが、HTMLを使うことでそれぞれの項目に意味を持たせることができます。
HTMLについてはこちらの参考サイトをチェックしてみてください。