【4/26(水)東京】GitHubとクラスメソッドの勉強会!〜GitHub x AWSの最新DevOps事情〜

GitHubとクラスメソッドの勉強会

00 00 00 00
DAYS HOURS MINUTES SECONDS

※申し込み受付は終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

GitHubとクラスメソッドの合同勉強会!

2017年4月26日(水)に、米GitHub社様と共催で、エンジニアを対象にした勉強会を開催します!

GitHubのGitHubの使い方って知ってますか? 開発した人たち自身の使い方を知れば、新しい使い方が発見できるかもしれません! また、DevOpsに使えるAWSのサービスはどれなのか? GitHub Enterprise(GHE)を取り入れるとAWSの使い方はどう変わるのか? など、GitHubとAWSの組み合わせを、事例を踏まえながらご紹介していきます。

日頃の疑問などは、最後のQAで是非ぶつけてください。今後もDevOpsな会を続けていきたいと思いますので、参加・応援よろしくお願いします。

こんなひとにおすすめ

  • GitHub Enterpriseが気になる
  • GitHubをもっと使いこなしたい
  • 新しいクラウドデザインパターンを知りたい
  • AWSのDevOps関連サービスや事例を知りたい

合わせて読みたい

タイムテーブル

時間 内容 スピーカー
18:30 - 19:00 受付
19:00 - 19:05 ごあいさつと会場の説明
19:05 - 19:45

How we ship GitHub

GitHub社がGitHubを使ってどのようにGitHubをリリースしているかについてお話します。 GitHubはDevOpsというキーワードが登場する以前からDevOpsを、さらにはChatOpsというプラクティスを実践してきました。 ChatOpsやリモートワークについても触れる予定です。

Solutions Engineer, GitHub 池田尚史様
19:45 - 20:15

DevOpsとAWS

AWSにはDevOpsに関するサービスが複数あります。サービスを組み合わせることで、継続的インテグレーション、継続的デリバリーを導入することができます。コード管理、ビルド、テスト、デプロイに関連したAWSサービスとアーキテクチャについてお話します。

クラスメソッド株式会社 AWS事業部 千葉淳
20:15 - 20:25 休憩
20:25 - 20:55

GitHub EnterpriseとAWSを組み合わせたCDP

GitHub EnterpriseとはGitHubが提供しているソフトウェア開発プロジェクトツールです。GitHub.comとは異なり、自分で用意したサーバ上に環境を構築し、よりカスタマイズして利用することができます。本セッションでは、AWS上にGitHub Enterpriseを構築した場合のCDP(クラウドデザインパターン)についてお話したいと思います。

クラスメソッド株式会社 AWS事業部 中山幸治
20:55 - 21:30 QA
  • セッションの内容や順番、スピーカーは変更になる可能性があります

開催概要

開催日程 2017年4月26日(水)
開場と開始時間 開場:18:30(受付開始) 開始:19:00
募集締切日時 2017年4月26日(水) ※先着順です
会場 株式会社IDOM 東京都千代田区丸の内2-7-3 (東京ビルディング25階)
定員 最大100名

申し込み

※申し込み受付は終了しました。

コメントは受け付けていません。