【3/26(火) 福岡】AWS新発表「Well-Architected Tool」の使い方セミナー<コスト最適化編>を開催します

AWSの無料評価ツール Well-Architected Tool の使い方セミナーを開催いたします!

AWS環境がWell-Architected Frameworkに則った設計になっているかを、「運用」「コスト」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス」の5つの観点からセルフチェックすることができます。

東京ではすでに開催しており、大好評のセミナーです。

お申し込みはこちら

Well-Architected Toolとは

Well-Architected Toolは、AWSのSA(ソリューションアーキテクト)が10年以上に渡って蓄積してきたベストプラクティスに基づいて設計されています。また、このツールは常に更新され進化し続けています。

これまでは、構築したAWS環境がWell-Architected Frameworkに則っているかを評価するには、AWSのSA(ソリューションアーキテクト)にレビューしてもらうことが一般的でした。

Well-Architected Toolが登場したことにより、SA(ソリューションアーキテクト)がレビューの際に使用していたチェック項目を、利用者自身がコンソール画面から確認できるようになりました。

使い方セミナー

Well-Architected Toolの使い方から診断結果をもとにした具体的な改善方法まで、Well-Architected Toolの使いこなし術を余すことなくご紹介いたします。

Well-Architected Toolはサービス開始前の構築の際に、また、運用中の定期診断にもご活用いただけます。 セキュリティ面のリスクの洗い出しや、コストの最適化を図ることができます。

このようなことでお困りではありませんか?

  • AWSで無駄にコストがかかっているところがないか知りたい
  • AWSのパフォーマンスやセキュリティの設定を確認したい
  • なんとなくで運用している、レビューをしてもらってない環境で不安がある

あなたのお悩み、クラスメソッドが解決します

  • セキュリティ面のリスクの洗い出しができます
  • コストの最適化といった改善すべきポイントが明確になります
  • サービス開始前の構築の際に、また、運用中の定期診断にもご活用いただけます

セミナー後の個別相談も実施しています

AWSならクラスメソッドにおまかせください

クラスメソッドは、日本国内に8社だけのプレミアコンサルティングパートナーに4年連続で認定され、現在までに700社2500アカウント以上のAWS導入実績があります。
AWSサービスデリバリーパートナー制度においては、世界中のAWSパートナーの中でもトップの認定数となる、合計11種類のサービスで公式認定を受けています。(2018年9月時点)

AWS事業本部に所属する全エンジニアがAWS認定資格を保有しています。さらに全ての認定資格を網羅した者もおり、全社員合計で400以上の資格を保持する技術者集団です。

開催概要

開催テーマ 「AWS Well-Architected」でAWS環境の無料診断セミナー<コスト最適化編>
開催日時 2019年3月26日(火) 14:00~16:20(受付開始13:30)
場所 福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター セミナールームA,B
福岡県福岡市博多区博多駅東1-17-1 福岡県東総合庁舎5F
(GoogleMapsがひらきます)
JR博多駅筑紫口より徒歩5分
登壇者 AWS事業本部 菊池修治
AWS事業本部 梶原大使
定員 30名
※お申し込みが定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます。
参加費 無料

タイムテーブル

時間 セッション
13:30 - 14:00 受付
14:00 - 14:10 ご挨拶
14:10 - 14:40 AWS Well-Architectedとは(Well-Architected Tool全体の説明)
14:40 - 16:00 コスト最適化(コストについて掘り下げ)
16:00 - 16:20 質疑応答
16:20 - 17:00 個別相談(希望者のみ)

会場設備

  • 電源・Wi-Fiのご用意はありませんので、ご注意ください。
  • セミナー形式で進行しますので、事前の環境準備は必須ではありません。実際にご自身の環境で試されたい場合は、各自でのご用意をお願いしております。

お申し込みフォーム