【クラスメソッド会社説明会】 サーバーエンジニア編 11月9日(水)

400x400エンジニア

960x400エンジニア

00 00 00 00
DAYS HOURS MINUTES SECONDS

説明会の主旨

今回の会社説明会は、クラスメソッドのモバイルアプリサービス部についての会社説明会となります。クラスメソッドのモバイルアプリサービス部について、まずはどんな事をやっているのかを知って頂きたい!というのが主な目的です。そして仕事の内容や文化、雰囲気、部活など、ご興味がある方に(だいたい)全てをさらけ出します。

モバイルアプリサービス部では、iOS/Androidでのスマホアプリ開発、デザイン。そしてスマホアプリから呼び出されるAPIの開発を行っている部署です。今回は、サーバーエンジニア編ということで、モバイルアプリサービス部のサーバーサイドのお仕事はどういうものなのか、どのようなメンバーと一緒に働くことができるのかなどざっくばらんにお話をさせていただきます。また副題に「隣の芝は青いのか!?」というタイトルも付いており、実際にクラスメソッドで働いているメンバーに対して遠慮なく質問して頂く場も設けております。

参加対象者

  • 様々な技術を使ってAPI開発をしてみたい!
  • とてつもないリクエスト量をさばいてみたい!
  • 技術力あるメンバーと一緒に仕事がしたい!

イベント概要

概要

開催日時 2016年11月9日(水) 19:30〜21:00 (受付開始 19:15〜)
募集締切日時 2016年11月9日(水)
主催 クラスメソッド株式会社
会場 クラスメソッド株式会社 岩本町オフィス 東京都千代田区岩本町2-14-2 イトーピア岩本町ANNEXビル3階
定員 10名

タイムテーブル

時間 タイトル 内容 スピーカー
19:00 - 19:30 受付 - -
19:30 - 19:35 ごあいさつ 会場の説明と開催趣旨 モバイルアプリサービス部 部長

大橋 力丈

19:35 - 19:50 クラスメソッド株式会社ついて クラスメソッドの社風、文化、事業内容についてご紹介します。2016年7月より13期目に突入し、今期計画の概要、今後の展望などもご紹介します。 モバイルアプリサービス部 部長

大橋 力丈

19:50 - 20:05 モバイルAPI開発について モバイルアプリのAPI開発の進め方、こんな技術使ってます、雰囲気などについて モバイルアプリサービス部 アプリケーションエンジニア 和田 祐介
20:05 - 20:20 Worker、CMS開発について WorkerやCMS開発について開発の進め方、こんな技術使ってます、雰囲気などについて モバイルアプリサービス部 アプリケーションエンジニア 姜 明秀
20:20 - 20:35 AWSを使った開発について AWSを利用した開発について開発の進め方、こんな技術使ってます、雰囲気などについて モバイルアプリサービス部 アプリケーションエンジニア 丹内 優紀
20:40 - 21:30 座談会&懇親会 スピーカーとの座談会と懇親会を開催します。その場で簡単な飲食を用意いたします。スピーカー以外のメンバーも参加しますので是非弊社メンバーと交流を深めさせて下さい! -

※説明の順番、スピーカーは変更になる可能性があります

お申し込み

当会社説明会へはこちらからお申し込みをお願いいたします。

 

よく聞かれる質問

Q. ハイスキルな人しかいない印象がありますがどうですか?

A. よく言われますが、実際に会社説明会に参加して社員と会話をしていく中で「レベルは高いが自分でもついていけると思った」と気付く方が多く、実際に何人も入社しています。

Q. 仕事中に技術的なことでわからないことがあったら、周りの社員に質問できますか?

A. できます。誰でも得意なことと不得意なことがあります。不得意なことは得意な人に助けてもらって、得意なことでチームに貢献してください。クラスメソッドは助け合いです。

Q. ブログはノルマですか?

A. 1エントリー/1週間のペースを目標にしていますがノルマではありません。速報系や Tips 系の記事をハイペースでたくさん書ける人がいれば、手間のかかる検証系の記事をじっくり書きあげる人もいます。スタイルにあわせて書いてもらえればいいので、誰でも1エントリー/1週間である必要はありません。 ですが、AWSチームでは10エントリー/1ヶ月のペースでブログを書いた人は「プロ」を名乗ることが出来、同僚たちから讃えられます。

Q. ブログのネタが他の人とかぶったりしませんか?

A.たまにかぶりますが問題ありません。背景が異なる人が書いたら技術に対する切り口は異なり、結果的に違う内容になります。また、技術情報はその時期によって変更になりますし、半年や1年前に書かれたネタを書きなおして新しいエントリーとして公開することも可能です。