Flexのパフォーマンスチューニング

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。松岡です。

今日はFlexのパフォーマンスチューニングについてです。
弊社によくあるお問い合わせのひとつとして「Flexのパフォーマンスチューニング依頼」があります。
特に納品ラッシュとなる年度末に多いですね。
開発はしてみたが、いざ動かしてみたら、業務に耐える動作をしてくれないというものです。
せっかく見た目の使い勝手が良いものを開発しても、動作パフォーマンスが悪ければ全てが
水の泡になってしまいます。

Flexはコンポーネントの組み合わせで何となく作れてしまうため、最初に「イケる!」と
思って進めてしまい、最終的に落とし穴が待っているというパターンにはまり易いようです。
ご相談を受け、何とか対応できるものもあれば、できないものも もちろん出てきてしまいます。
なにぶん、期限があってのお困りポイントですから...
 そして弊社のエンジニアが異口同音に発するのは、「最初からやらせてもらえれば...」です。

何事もそうだと思いますが、アーキテクチャ設計が大切です。
弊社ではFlexについては100件以上の開発実績があります。
パフォーマンスに関しての勘どころはおさえています。
たった数行のコードでパフォーマンスが格段に変わるのです。

パフォーマンスのみならず、その他の点においてもクラスメソッドはFlexのノウハウの宝庫です!

Flexでの開発が決定した際は、是非、一番にお問い合わせ下さい。
上述したような状況になる前に。

今日は少々、辛口ブログかもしれません(苦笑)。