AWS IoTの証明書を使って別アカウントのLambdaを叩く処理ができたがこれでいいのかモヤッとする。