kubectlのcontextとnamespace周りの操作をkubectxとkubensでちょっと楽する