[Sketch作業効率化]色を一気に変更できるプラグインChainの使い方

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

デザイナーの たなか ゆきこ です。

Sketch作業は、デザイナーにとって必要ですが、ストーリーボードとかユーザーインタビューとかユーザビリティテストその他諸々の作業に時間をさきたいですよね。

そんなあなたには、最後の作業であるUI実装のスピードを加速させるプラグインが必要です。 イメージとしては、Adobeの同じ色の置き換えに近いイメージのものです。

今回はSketchの優秀なプラグイン「Chain」の使い方をご説明します。

参照

Sketchのプラグイン管理ツール「Sketchpacks」

まずは、プラグインをインストールする必要があります。

「Sketchpacks」は、Sketchでプラグインのインストールやアップデートを管理するためのツールの一つです。 管理ツールは他にもいろいろあるのですが、2018年2月現在、わたしはこちらを使用しています。

https://sketchpacks.com/

公式ページよりダウンロードできます。

Sketchpacksでの「Chain」プラグインのインストール方法

右上の検索窓かに「Chain」と入力すると表示されるので、「INSTALL」をクリックするだけでプラグインインストールが完了します。

SketchプラグインChainの使い方

ではChainの使い方の本題を進めます。

1. 要素を「Chain」させる

  1. 2つのオブジェクトを選択
  2. Plugins > Chain > New Chain を選択

2. ダイアログの設定

今回は、塗りなので「Fill」にチェック入れて「Chain」。「線」のときは、「Border」です。

3. 要素を変更させて、Chainで色変更

オブジェクトの1つを、選択して色を変更します

Plugins > Chain > Update All Chains を選択

すると色が変わる!めっちゃ楽になります。

これで、面倒なベースの色変更に簡単に対応できるようになります。

これで、作業時間を短縮できるよよいですね。 では、よいSketch Lifeを。