Alteryxを使ってShapefileからTableauの色塗りマップを作成する

alteryx

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Tableau上でポリゴンを扱いたい

Tableau上でポリゴンデータを扱いたいことってありますよね。そんなときはどうしていますか?Shapeファイルをダウンロードして、それから、それから。。。。困りますよね。今回は、Tableauで読み込みやすい形式に変換するためにAlteryxを用いてみたいと思います。

Alteryxは、予測分析ツールとして使われることも多いですが、地図データの加工にも活躍する素晴らしいツールです。その真価をご堪能ください。

地理情報の入手

まずは地理情報を入手したいと思います。「国土数値情報 ダウンロードサービス」を活用します。今回は、「行政区域」の情報から「北海道」のデータを使ってみたいと思います。

screenshot 2015-01-07 16.25.09

無事にダウンロード出来ましたら、Alteryxで読み込んでみたいと思います。

AlteryxでShapefileからTDEファイルの生成

Alteryxデザイナーを使って変換フローを作成してみましょう。作成は超簡単です。アイコンを3つ並べて実行ボタン!

screenshot 2015-01-07 16.34.58

無事にtdeファイルが完成しました。これをTableauワークブックで読み込んでみたいと思います。

Tableauでポリゴンを表示する

データの作成が完了しましたので、Tableauで読み込んでみます。

じゃじゃーん!

screenshot 2015-01-07 16.38.35

表示のポイントをお伝えしますと、経度・緯度をディメンションにします。ポリゴンIDを色塗りして、ポイントをパスにすればOKです。

まとめ

1回コツを覚えてしまえば本当に簡単にデータ収集・変換・加工・表示まで一気にできてしまいます。AlteryxとTableauから目が離せませんねぇ〜。

参考資料

国土数値情報 ダウンロードサービス

多角形で網掛けしたマップの作成