Interface Tools のご紹介 #Alteryx #19 | Alteryx Advent Calendar 2016

alteryx

はじめに

こんにちは。セールスの大場です。 当エントリは『Alteyx Advent Calendar 2016』の19日目のエントリでございます。

今回「Excel でかな文字が入る際の対処方法」を紹介する予定でしたが truestar さんのブログにすでにあったので こちら を御覧ください。

ということで今回は予定を変更して Interface Tools を紹介したいと思います。Alteryx Designer では Interface Tools というものが用意されています。こちらはアプリやマクロの作成に使用されるもので、ユーザーの仕様に合わせてユーザインタフェースを実装することができます。

Interface Tools

データを思いのままに加工したい場合は Designer 上で Workflow を作っていくことになりますが、やりたい処理がいつも一定という場合には該当 Workflow に対してユーザインタフェースを用意してあげると便利そうです。作成したものを Alteryx Gallary にアップしておけば、この処理をブラウザ経由で利用できるようになりますので、例えばですがユーザはインプットファイルを選んでアウトプットを受け取るだけ、というシンプルな運用が可能になります。

ワークフローとユーザインタフェースのイメージ

例えば以下のような Workflow があるとします。 20161219-1

1)Input:州、市、人口のデータをインプット(以下サンプルです) 20161219-2

2)Filter:特定の州に絞るためにフィルタリング
3)Sort:人口の少ない順にソート
4)Sample:情報量が多いのでサンプリング

こちらの Workflow に対して Interface Tools を使って以下のようなユーザインタフェースを作ることができます。 20161219-3

・Select a state:州を選択
・Show smallest cities:人口が少ない順にソートするか否かの選択
・Number of cities:アウトプットする市の数を指定

チュートリアル

サンプルのチュートリアルに Build an App というものがまさに上記のサンプルとなっています。 作り方をと思いましたが、動画があったのでこちらを貼っておきます。

Creating Analytic Apps with Alteryx Analytics

Alteryx Gallary から利用する

Alteryx Gallary にアップすると以下のようなイメージでブラウザ経由で利用できます。

・該当の Workflow から「Run」ボタン 20161219-4

・パラメータを設定して「Run」ボタン 20161219-5

・実行完了 20161219-6

インプットファイルをローカルから選択できるようにしたり、アウトプットで CSV を作成するようにするとより実用イメージに近くなりそうです。

さいごに

本日は Iterface Tool を紹介しました。今日紹介したのは Interface Tool のなかでも一部なので今後また他のツールも紹介できればと思います。

ということで Alteryx Advent Calendar 2016 | シリーズ | Developers.IO の19日目のエントリでした。明日は turestar さんによる「細分化されたAlteryxワークフローを一度に回してくれるRunnerマクロを使ってみた」です。ご期待ください。