【速報】Amazon AppStreamがデスクトップアプリケーション配信サービスになって帰ってきた #reinvent

reinvent2016_eyecatch

ども、大瀧です。
本日、アプリケーション配信サービスのAmazon AppStreamのバージョン2.0が発表され、装いも新たにデスクトップアプリケーション配信機能がリリースされました。東京リージョンで早速利用することができたので、ご紹介します。

AppStream 2.0とは

AppStreamは元々、描画処理を得意とするゲームアプリケーション配信基盤として提供されていましたが、バージョン2.0では汎用的なデスクトップアプリケーション配信を新たなユースケースとしてアピールしています。 フルマネージドなデスクトップアプリケーション配信サービスとして、Citrix XenApp(旧Metaframe Presentation Server)やMicrosoft RemoteApp(開発終了)と競合する位置づけになります。

簡単に試せます

AppStreamはWebブラウザで動作し、デモ環境が無償で試せるのでAWSアカウントを持っている方はAppStreamの管理画面からすぐに試すことができます。[Try it now]をクリックしましょう。

Amazon_AppStream

使用許諾確認画面では、内容を確認し[Agree and Continue]をクリックします。

appstream201

アプリケーション選択画面が表示されるので、適当なものをクリックしましょう。今回はWebブラウザのFirefoxを選んでみました。

appstream202

画面が切り替わりFirefoxが起動するかと思いきや、表示されなかったので、左上のメニューから[Firefox]を再度選択しました。

appstream203

Firefoxが起動しました!試しにグローバルIPを確認するifconfig.meにアクセスしてみると、手元のISPではなくAWS経由でアクセスしていることがわかりますね!

appstream204

ユーザー独自のアプリケーションをセットアップして利用できるようになる見込みです。また別の記事で紹介したいと思います。

まとめ

セキュアなアプリケーション配信基盤、しかも運用はAWSにお任せできるAppStream、バージョン2.0で大幅にパワーアップしました!すごく簡単に試せるので、まずは体験してみましょう!