[速報]Amazon Linux AMI 2016.09 がリリースされました!

アイキャッチ AWS EC2

こんにちは、せーのです。先程Amazon Linux AMI 2016.09がリリースされました!

Amazon Linux AMI 2016.09 RELEASE NOTES

ということで早速触っていきたいと思います。

特徴

マネージメントコンソールを開いてみると、一番上に新しいバージョンが載っていますね。

ami201609_1

ログインしてまず気づくのはSSHの速さです。Release Noteによると2016.03より20%パフォーマンスがアップしたようです。

バージョンを確認してみます。

cat /etc/system-release
Amazon Linux AMI release 2016.09

$ uname -srv
Linux 4.4.19-29.55.amzn1.x86_64 #1 SMP Mon Aug 29 23:29:40 UTC 2016

カーネルは4.4.19です。

それでは特徴を見ていきましょう。

Python 3.5

最新のPython3.5が統合されています。virtual envやPIPもあります。

sudo yum search python35
読み込んだプラグイン:priorities, update-motd, upgrade-helper
============================= N/S matched: python35 ==============================
mod24_wsgi-python35.x86_64 : A WSGI interface for Python web applications in
                           : Apache
python35.x86_64 : Version 3.5 of the Python programming language aka Python 3000
python35-devel.x86_64 : Libraries and header files needed for Python 3.5
                      : development
python35-libs.i686 : Python 3.5 runtime libraries
python35-libs.x86_64 : Python 3.5 runtime libraries
python35-pip.noarch : A tool for installing and managing Python packages
python35-setuptools.noarch : Easily build and distribute Python packages
python35-test.x86_64 : The test modules from the main python 3.5 package
python35-tools.x86_64 : A collection of tools included with Python 3.5
python35-virtualenv.noarch : Tool to create isolated Python environments

pythonの切替はalternativesコマンドで行います。

[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ python --version
Python 2.7.12
[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ sudo alternatives --set python /usr/bin/python3.5
[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ python --version
Python 3.5.1

PHP7.0

PHPも7.0が入りました。PHP5.5, 5.6と並列でインストールすることが可能となっています。

[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ sudo yum install php70

PHP5.5, 5.6と並列で入っている時は5.5, 5.6が優先されるのでpythonと同じくalternaltivesコマンドで切り替えます。

 sudo alternatives --set php /usr/bin/php-7.0
 もしくは
 sudo alternatives --config php

Nginx 1.10

[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ sudo yum install nginx
[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ nginx -v
nginx version: nginx/1.10.1

PostgreSQL 9.5

PostgreSQLの9.5は他のPostgreSQLと並列で入るようになっています。インストール時には95を忘れずに。

sudo yum install postgresql95
[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ psql --version
psql (PostgreSQL) 9.5.4

Amazon SSM Agent

Amazon SSM AgentとはEC2のRun Commandという機能を使ってEC2にSSHログインすることなくマネージメントコンソールからコマンドの実行が可能にする際にエージェントとしてEC2の中に仕込んでおくものです。今までは公開のS3からRPMを落としてきて実行してきましたが、このバージョンからパッケージに入ることになりました。

[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ sudo yum install amazon-ssm-agent 
[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ sudo /sbin/start amazon-ssm-agent
amazon-ssm-agent start/running, process 2965

これからSSM Agentを入れる時はこれだけで済みます。

CA証明書の更新が簡単に

CA証明書を更新するコマンド[update-ca-trust]が使えます。これによりCA証明書の更新は新しいCA証明書にシンボリックリンクを置き換える、という形になりコマンド一発で出来るようになります。

mv sampleCA.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors
[ec2-user@ip-10-0-0-245 ~]$ update-ca-trust

その他

その他新しいパッケージはこちらになります。

  • btrfs-progs-4.4.1
  • crash-7.1.5
  • cryptsetup-1.6.7
  • curl-7.47.1
  • ec2-utils-0.5
  • exim-4.84.2
  • lcms2-2.6
  • libarchive-3.1.2
  • lolcat-0.44
  • nginx-1.10.1
  • pngcrush-1.8.6
  • postgresql95-9.5.4
  • python35-3.5.1

非推奨パッケージ

これにともない非推奨(Deprecated)となるパッケージと時期はこちらになります。

  • gcc44: 2017.09
  • java-1.6.0-openjdk: 2017.09
  • mysql51: 2017.09
  • openssl097a: 2017.09
  • php53: 2017.09
  • php54: 2017.09
  • php55: 2018.03
  • postgresql8: 2017.09
  • python26: 2017.09
  • ruby18: 2017.09
  • ruby19: 2017.09
  • ruby21: 2017.09
  • ruby22: 2017.09
  • tomcat6: 2017.09

ああ、tomcat6。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まずは触ってみることだと思います。みなさんも色々触ってみて下さい!

参考リンク