【新サービス】Amazon Machine Learning(機械学習サービス) がAWS Summits 2015 San Francisco で発表されました。 #AWSSummit

Amazon Machine Learning
250件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

日本時間2015年04月09日に米国サンフランシスコで開催された『AWS Summits 2015 San Francisco』。

以下は基調講演のつぶやきをまとめたものです。(※海外版Togetterを使いました)

以下は基調講演のYouTube動画です。

サービス概要紹介 - イベントハッシュタグのTweetより抜粋

その基調講演がLive Streamでも中継されていたので観ていたのですが、そのセッション内で非常に興味深いサービスの発表がありました。それが当エントリで紹介する『Amazon Machine Learning』です。

RedshiftやS3、EMR、Mobile Analyticsを使って分析やレポーティングを。KinesisやEC2、Lambdaを使ってリアルタイム&ダッシュボードでの確認を。そして予測(prediction)を行う事が出来ます。

利用シーンの例について。消費者が何を購入するのか、注文について、"この記事を読んだ人はあの記事にも関心を持っています"みたいな部分に役立てる事が出来ます。

2人のエンジニアが45日間掛かって作成した92%の精度のモデルを、1人のエンジニアで20分で作り上げる事が出来るように。

機械学習モデルの作成、モデルの可視化と最適化、百戦錬磨の技術(Battle-hardened technology:機械学習に関する数多のノウハウの事を指しているのでしょうか)等を提供します。

GB単位でのデータ処理やモデルの最適化、予測プロセスのバッチ処理、ワンクリックで実行可能なリアルタイム予測API。

Amazon Machine LearningはAWSの各種データストアサービス(S3、Redshift、RDS)等とも連携しています。そしてこのサービスは今から利用が可能です!

管理コンソール上での実演風景も紹介されていました。

aws-ml-demo3

まとめ

以上、Amazon Machine Learningの速報記事的なエントリでした。

このサービス、早速『本日から利用可能』という事ですので、『試してみた』エントリも書いてみたいと思います。こちらからは以上です。

追記:早速『試してみた』エントリ書いてみました。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡