【新機能】CloudWatch Dashboardでユーザがメトリックスビューを作れるようになりました! #reinvent

CloudWatch

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、虎塚です。

re:Inventの華やかな新サービスリリースラッシュの裏で、CloudWatchの新機能としてCloudWatch Dashboardがひっそりと発表されました。この機能はすべてのリージョンで本日からすでに利用できます!

解決する課題

CloudWatchでは、これまで単一のビューだけが提供されていました。AWSが提供するビューでは、監視対象も、メトリックスも、並び順も固定されていて、ユーザはカスタマイズできませんでした。そのため、たとえば次のようなことができませんでした。

  • あるインスタンスのCPU使用率とメモリ使用量を並べて確認する
  • 複数のワーカーインスタンスのメモリ使用量を1つのグラフ重ねて表示する

CloudWatch Dashboard

本日発表されたCloudWatch Dashboardでは、ユーザがカスタムダッシュボードを作成し、名前をつけて保存することができます。

ダッシュボードには、メトリックグラフまたはテキストウィジェットを自由な配置で追加できます。ダッシュボードに追加したウィジェットの大きさは、自由に変更できます。たとえば、次のようなダッシュボードをユーザが自分で作ることができます。

サンプルダッシュボード

作成したグラフをドラッグで範囲選択すると、選択した時間軸にズームします。複数のグラフがダッシュボードにある場合は、他のグラフも連動してズームします。

ドラッグで範囲選択 -> 選択した時間帯にズーム

テキストウィジェットは、ダッシュボードの説明などをMarkdownで記述できます。テキスト、リンク、画像、ボタンやリストを追加できます。次のようなダイアログで作成できます。

テキストウィジェットの作成ダイアログ

先ほどのサンプルダッシュボードでは、監視値のチェックポイントやサーバへのログイン方法を例として記述してみました。

それと、細かい点ですが、グラフに表示される時刻のタイムゾーンを変更できるようになりました。

タイムゾーン選択

この機能追加がなぜうれしいか

システムの監視では監視値をグラフにすることで、変化やトレンドを捉えることが大切です。この新機能は、そういった作業を大幅に助けてくれるでしょう。

どの監視対象のどのメトリックスを並べて確認することで、何を検知するべきか、といった知見をダッシュボードに落とし込むことで、システムをより効率的に、効果的に監視することができるようになると考えます。

本日からすでに使える機能ですので、試していきたいと思います。

それでは、また、