[CloudWatch] メトリックの保持期間が14日→15ヶ月に延長されて、グラフ機能も強化されました

CloudWatch
309件のシェア(そこそこ話題の記事)

はじめに

AWSチームのすずきです。

2016年11月1日、AWSが提供するモニタリングサービスの Amazon CloudWatch のアップデートがありました。

cloudwatch-update-201611-011

cloudwatch-update-201611-10

確認できたアップデート内容について、紹介させていただきます。

アップデート内容

メトリクスの保持期間

  • メトリクスの保持期間が 従来の14 日から 15 ヶ月に延長されました。

cloudwatch-update-201611-02

  • 2016年11月1日時点、連続稼動中のリソースの稼働情報、「5分」測定値は2016年9月1日0時、「1時間」測定値は2016年7月9日0時まで遡ったデータを確認することが可能でした。

  • 15ヶ月(455日)保持されるメトリックの値は1時間単位のものとなります。

  • 1分毎の測定値は15日、5分毎の測定値は63日で消去されます。
  • 63〜455日以前の稼働情報を確認する場合、グラフ表示の期間を「1時間」に変更してご覧ください。

UIの改善

カレンダーウィジェット

  • 表示期間「カスタム」とした場合のUIが強化されました。
絶対値指定
  • カレンダーを利用したUI指定が可能となりました

cloudwatch-update-201611-04

相対値
  • 5分〜15ヶ月まで、ワンクリックでの指定が可能となりました

cloudwatch-update-201611-03

グラフ表示

複数項目表示強化
  • 複数項目のグラフ、統計項目をそれぞれ指定する事が可能になりました。

cloudwatch-update-201611-05

  • 同一のメトリックを異なる統計値で比較する場合でも、一つのグラフにプロットして確認することが可能になりました。

cloudwatch-update-201611-09

Y軸範囲の設定
  • グラフのオプションとして、表示範囲を明示出来るようになりました
  • スパイクなどで異常に高い値が混入した場合でも、グラフが崩れる事を回避出来るようになりました。

cloudwatch-update-201611-07

検索

  • グラフ表示対象のリソース、メトリックの検索、フィルタリング機能が強化されました。
  • 一覧のメトリックを左クリックして表示されるメニューより、フィルタが簡単に作成出来るようになりました。

cloudwatch-update-201611-06

一括操作

  • グラフの表示対象のメトリック、一括削除が簡単になりました。

cloudwatch-update-201611-08

まとめ

今回のメトリックの保持期間が15ヶ月となったことで、月単位、年単位の中長期のトレンドの確認や、過去の稼働記録の照会など、CloudWatch 標準で、追加のコスト負担なく実現できる範囲が広がりました。

また、CloudWatchのグラフ描画機能も強化された事で、より見やすく有効なグラフを効率よく作成できるようになり、複数のCloudWatchグラフを管理できるダッシュボードも、より実用性を増すと考えられます。

大幅な進化を果たしたCloudwatch、ぜひお試しください。

参考リンク

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡