[新機能] NAT GatewayがCloudWatchでモニタリング可能になりました

CloudWatch

こんにちは、菊池です。

NAT GatewayがCloudWatchでモニタリング可能になりました。

CloudWatch メトリクス

CloudWatchでモニタリング可能になったのは以下の14項目です。公式ドキュメントと併せてご確認ください。

項目名 内容
PacketsOutToDestination NATゲートウェイ経由でVPC外へ送信されたパケットの数
PacketsOutToSource NATゲートウェイ経由でVPC内のクライアントに送信されたパケット数
PacketsInFromSource NATゲートウェイがVPC内のクライアントから受信したパケット数
PacketsInFromDestination NATゲートウェイがVPC外から受信したパケット数
BytesOutToDestination NATゲートウェイ経由でVPC外に送信されたバイト数
BytesOutToSource VPC内のクライアントにNATゲートウェイ経由で送信されたバイト数
BytesInFromSource NATゲートウェイがVPC内のクライアントから受信したバイト数
BytesInFromDestination NATゲートウェイがVPC外の宛先から受信したバイト数
ErrorPortAllocation 同時接続数の増大により、NATゲートウェイが送信元ポートを割り当てられなかった数
ActiveConnectionCount NATゲートウェイの同時アクティブTCP接続の合計数
ConnectionAttemptCount NATゲートウェイ経由で行われた接続試行の回数
ConnectionEstablishedCount NATゲートウェイ経由で確立されたコネクション数
IdleTimeoutCount 350秒以上アイドル状態にあったコネクション数
PacketsDropCount NATゲートウェイによってドロップされたパケットの数

NAT Gatewayを経由した、IN/OUTのトラフィック量、コネクション数、エラー状況などが確認できるようです。

マネジメントコンソール表示

このように、CloudWatchのコンソールからメトリクスが確認できるようになっていました。

ng-cw-001

NAT Gateway単位で、各メトリクスを確認できます。

まとめ

NAT GatewayがCloudWatchでのモニタリングをサポートしたことで、インターネットへのトラフィック量などが簡単に確認できるようになりました。

マネージドサービスとはいえ、エラーや障害が発生することもありえます。NAT Gatewayの状況を把握できるようになったことで問題の切り分けもやりやすくなることでしょう。