【レポート】AWS のコスト最適化入門#AWSSummit

aws-summit-tokyo-2017-logo

aws-summit-tokyo-2017-longlogo

ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。

現在開催中のAWS Summit Tokyo、当エントリでは2017年05月31日に行われたAWS Techトラック2:AWS のコスト最適化入門についてレポートします。

セッション概要

当セッションの登壇者及び概要は以下の通りです。
http://www.awssummit.tokyo/summit/index.html

スピーカー:高山 博史 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ストラテジック アカウント マネジメント部 シニア ストラテジック アカウント マネージャー

概要:AWS は初期費用不要、ご利用になられた分だけをお支払いいただく、従量課金モデルが基本となっています。さらに「リザーブドインスタンス」や「スポットインスタンス」などのコスト最適化オプションを活用することで、構成を変更することなくコスト削減を実現できるケースもあります。本セッションでは、意外と知られていない「リザーブドインスタンス」を中心に AWS のコスト最適化方法についてご説明します。

セッションレポート

AWSコスト最適化

  • クラウドネイティグアーキテクチャ
    • 非常に大きい効果
    • 構成の変更が必要
  • 割引オプションの活用
    • 大きい効果
    • 構成変更不要
  • 細かいリソースの無駄チェック
    • 小さい効果
    • 構成変更不要

Trasted Advisorの活用

ご利用実績を元に、自動的にコスト最適化提案を行うツール

コスト最適化オプションの活用

  • AWSの割引
    • ご利用が増えると自動的に単価が安くなるもの
    • データ転送量やs3ストレージ料金など
  • 随時行われる価格改定
    • 60回以上の値下げ実績
  • ご利用オプションによる割引
    • リザーブドインスタンス(RI)(本セッションではこちらにフォーカス
  • CFのリザーブドキャパシティ
    • DynamoDBのリザーブドキャパシティ

RIの概要

  • 1年または3年の利用コミットによる料金割引(MAX75%割引)
  • アベイラビリティゾーン(AZ)を指定した場合は、キャパシティも予約

RIよくある勘違いと回答

1)システムにRIがマッチしなそう

  • DB、キャッシュサーバ、WEB/APPサーバに最適

2)RI購入時にサービス停止がありそうで購入できない

  • 購入時にインスタンスの停止や再起動は必要ない
  • RIは権利の購入
    • インスタンスとの紐付けはない

3)RIと起動中インスタンスの条件を揃えるのが難しそう

  • リージョン単位、AZ単位など柔軟に選択可能

4)RIを買うと条件変更できない

  • 契約期間中に柔軟な権利の変更が可能なコンバーティブルで対応可能!
    • 同等以上の価値を持つRIに差額のお支払いで交換可能
    • 最新の価格を適用できる(交換時の新価格が適用される)
    • 契約期間は3年のみ

5)3年利用するかわからない

  • オンデマンドとの損益分岐点で検討する

6)そもそもRIがどのくらい必要かわからない

  • 利用インスタンスに対して、どれだけRIでカバーできているかが確認可能(月ごと/日ごと)
  • コストエクスプローラーにて購入済みRIがどれくらい利用できているか確認可能

各利用シーン

  • オンデマンドインスタンス
    • ピーク対応で増減するWEB/APPサーバ
    • 一時利用のキャンペーンサイト
    • 昼にしか利用しない開発サーバ
  • リザーブドインスタンス
    • 常時稼働しているサーバ
    • WEB/APPサーバ
  • スポットインスタンス
    • 分散処理のタスクノード
    • クローラ
    • メティアプロセッシングなど

EC2 RIのリザーブ条件

条件(7つ)が合致するインスタンスに、割引料金が適用される

  • プラットフォーム
    • OS
  • スコープ
  • テナンシー
  • 提供クラス
  • インスタンスタイプ
  • 期間
  • お支払い方法

まとめ

RI(リザーブドインスタンス)にフォーカスしたセッションでした。ほとんどのシステムでRI導入によりコストダウンが見込める可能性があります。 仕組みを理解し最適なコストで最適なシステムを利用しましょう。