[AWS値下] RIとM4インスタンスのオンデマンド料金が値下げされました

アイキャッチ AWS EC2

はじめに

AWSチームのすずきです。

GW中の2017年5月3日、通算61回目となるAWS費用の値下げ案内がありました。

EC2 Price Reductions – Reserved Instances & M4 Instances

今回値下げとなったEC2の料金について、紹介させて頂きます。

オンデマンド利用費

汎用インスタンス「M4」のオンデマンド料金が、AWS東京リージョンでは約7%の値引きとなりました。

m4 インスタンスの比較

vCPU ECU メモリ(GiB) 新料金(1時間) 旧料金(1時間) 新料金(30日) 旧料金(30日)
m4.large 2 6.5 8 0.129 0.139 92.88 100.08
m4.xlarge 4 13 16 0.258 0.278 185.76 200.16
m4.2xlarge 8 26 32 0.516 0.556 371.52 400.32
m4.4xlarge 16 53.5 64 1.032 1.112 743.04 800.64
m4.10xlarge 40 124.5 160 2.064 2.224 1486.08 1601.28
m4.16xlarge 64 188 256 4.128 4.448 2972.16 3202.56
  • AWS東京リージョンのオンデマンド費、料金単位はUS$、OS種別はLinux

インスタンスファミリー間の比較

東京リージョンでは、「t2.large」と「m4.large」は、ほぼ同額での利用が可能になりました。

一方、旧世代の「M3」はより割高となりました。仮想化方式として「HVM」、現行世代のインスタンスタイプで利用できるAMIを利用している場合、 ワークロードに応じた最新インスタンスタイプへの変更がお薦めです。

vCPU ECU メモリ(GiB) インスタンスストレージ(GB) オンデマンド(1時間) オンデマンド(30日)
c4.large 2 8 3.75 (-) 0.126 90.72
t2.large 2 可変 8 (-) 0.128 92.16
c3.large 2 7 3.75 2 x 16 SSD 0.128 92.16
m4.large 2 6.5 8 (-) 0.129 92.88
r4.large 2 7 15.25 (-) 0.16 115.2
i3.large 2 7 15.25 1 x 475 NVMe SSD 0.16 115.2
m3.large 2 6.5 7.5 1 x 32 SSD 0.193 138.96
r3.large 2 6.5 15 1 x 32 SSD 0.2 144
  • AWS東京リージョンのオンデマンド費、料金単位はUS$、OS種別はLinux

EC2(リザーブドインスタンス)

  • 前払いなしのリザーブドインスタンス(RI)、東京リージョンでは「C4」と「R4」が10%、「M4」は16%の値下げがありました。
  • 3年間のRI、現行世代のインスタンスファミリーを中心に前払いなしでの購入が可能になりました。
  • 異なるインスタンスファミリーへの変更が可能なコンパーチブルリザーブドインスタンス、東京リージョンでは「C4」が5%、「M4」「R4」は15%の値下げがありました。

1年利用費用比較(オンデマンド/RI前払いなし/RI全額前払い)

  • 一年RIで利用する場合、「M4」が最も廉価に利用できるインスタンスとなりました。
オンデマンド(1年) RI(前払いなし) RI(全額前払い) RI値引率(前払いなし) RI値引率(全額前払い)
m4.large 1130.04 762.12 713 32.60% 36.90%
c4.large 1103.76 788.4 738 28.60% 33.10%
c3.large 1121.28 849.72 753 24.20% 32.80%
t2.large 1121.28 867.24 807 22.70% 28.00%
r4.large 1401.6 884.76 824 36.90% 41.20%
i3.large 1401.6 1086.24 1021 22.50% 27.20%
m3.large 1690.68 1112.52 950 34.20% 43.80%
r3.large 1752 1305.24 1114 25.50% 36.40%
  • AWS東京リージョンのオンデマンド費、料金単位はUS$

3年利用費用比較(オンデマンド/スタンダードRI/コンパーチブルRI)

  • コンパーチブル3年のRI、全額前払いの1年RIより廉価に利用出来るようになりました。
オンデマンド(3年) RI(スタンダード3年) RI(コンパーチブル3年) RI値引率(スタンダード3年) RI値引率(コンパーチブル3年)
m4.large 3390.12 1681.92 1918.44 50.40% 43.40%
c4.large 3311.28 1813.32 2076.12 45.20% 37.30%
c3.large 3363.84 (-) 2286.36 (-) 32.00%
t2.large 3363.84 1813.32 2102.4 46.10% 37.50%
r4.large 4204.8 1813.32 2102.4 56.90% 50.00%
i3.large 4204.8 2338.92 2680.56 44.40% 36.30%
m3.large 5072.04 (-) 2995.92 (-) 40.90%
r3.large 5256 (-) 3521.52 (-) 33.00%
  • AWS東京リージョンのオンデマンド費用、料金単位はUS$

まとめ

今回の「M4」インスタンスの値下げにより、CPU、メモリのバランスがよく、安定した性能が期待できる「M4」ファミリーのインスタンスが利用しやすくなりました。 開発環境は「T2」、本番環境はサイジングは「M4」を基準とし、負荷テストや実稼働の負荷やリソース消費傾向を見て「C4」「R4」への変更がお薦めです。

また、前払いなしのRIや、残期間の差額を精算する事でインスタンスファミリーを変更可能なコンパーチブルのRIの値引率が拡大された事で、従来よりRIの購入の敷居が下がったと考えられます。 一定期間連続稼働させるEC2、前払いRIで発生するイニシャルコストがネックとなる場合や、構成変更に備えてオンデマンド料金で利用されている場合、RIを再検討頂ければと思います。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡