F-Secure Windows サーバ セキュリティ スタンダードをEC2 Windowsへ導入して、検知テストしてみた。

windowsonaws

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。コカコーラを大好きなカジです。

今回は、F-Secure(エフセキュア)のWindows サーバ セキュリティ スタンダードをEC2インスタンス(Windows 2012 R2)へ導入します。 少しはまったところがありましたので対処法もご紹介します。 (アイキャッチのロゴをF-Secureにしたかったのですが、書面による同意が必要なので省略)

F-Secure(エフセキュア)とは

フィンランドに本社があり、企業ユーザー向けに、アンチウイルスソフトの開発を続けてきた老舗の会社です。 セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手のAV-TEST.orgなどで高い評価を受けています。 The AV-TEST AWARD 2014

環境

今回は1台構成です。管理サーバも無いスタンドアロン構成です。

EC2 Windows 2012 R2

Windows_Server-2012-R2_RTM-Japanese-64Bit-Base-2015.05.13 (ami-b4bc74b4)

F-Secure Windows サーバ セキュリティ スタンダード

11.01(fsss-11.01.157.exe)

インストール

インストールファイルをRDPのファイル転送で、EC2 Windowsに配置します。 fsss-11.01.157.exeを右クリックから「管理者として実行」でインストールを開始します。 kaji-f-secure-install-01

kaji-f-secure-install-02

kaji-f-secure-install-03

kaji-f-secure-install-04

ライセンスキーを入力します。 kaji-f-secure-install-05

kaji-f-secure-install-06

kaji-f-secure-install-07

kaji-f-secure-install-08

開始をクリックしインストールが始まります。 kaji-f-secure-install-09

kaji-f-secure-install-10

kaji-f-secure-install-11

kaji-f-secure-install-12

タスクバーでF-Secureのステータスがわかるよう、「通知領域アイコン」で「アイコンと通知を表示」に変更しておくとわかりやすいと思います。 kaji-f-secure-install-14

インストール完了後、プログラムをクリックしてもF-Secureの管理コンソールが開けない

プログラムを開くと、https://127.0.0.1:25023へアクセスしますが・・・F-Secureの管理コンソールが開けない。 kaji-f-secure-install-13

Windowsの更新によってInternet Explorerでは開くことができなくなったようです。 詳細は以下で確認ください。 サーバセキュリティの WEB コンソールがインターネットエクスプローラ (IE) で開けない問題について

私は、Firefoxをインストールして回避しました。 kaji-f-secure-install-15

Windowsの管理者権限と同じユーザー名、パスワードでF-Secureの管理コンソールへログインできます。

アンチウィルスの検知テスト

EICARテストファイルを使って検知テストを行いました。

F-secureのEICARファイル紹介ページ

EICARファイルを作成した途端、リアルタイム検知が働きすぐに削除されます。 F-Secureの管理コンソールから、「サーバ保護>リアルタイムスキャン>自動処理 を有効化」し、隔離保存させて確認してみました。 kaji-f-secure-av-test1 詳細をクリックすると・・・ kaji-f-secure-av-test2

F-Secureの管理コンソールからも確認してみた。 kaji-f-secure-av-test3

kaji-f-secure-av-test4

デフォルト設定で、Windowsのイベントログへ書き込まれるため、イベントビューアーで確認してみました。 次回以降、探しやすいように「カスタムビュー」を作成しておくと良いでしょう。 kaji-f-secure-av-test5

kaji-f-secure-av-test7

kaji-f-secure-av-test8

まとめ

検知時にWindows イベントログに書き込まれるため、Zabbixなどのログ監視ツールと連携できそうですね。 今回、紹介できませんでしたが、検知時にF-Secureからメール送信機能もありますのでもう少し調べてみたいと思います。

余談

私は、エフセキュアさんのブログ(日本語)をたまに見ており、直近で面白かったのは、ちまたで話題になった「年金機構を襲ったマルウェアに感染しているかを1分で確認する方法」です。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡