Amazon GameLift 入門 #2 サーバービルドのアップロード

eyecatch_amazon_gamelift

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ゲームサーバーをアップロードしてみよう

Amazon GameLift (以下 GameLift) はマルチプレイヤー向けのゲームのサーバーアプリケーションのデプロイや運用、監視などを行うことができるマネージドサービスです。ゲームのために最適化されたサーバーを簡単に構築することができます。

概要は下記をご参照ください。

以下で公開されている「Amazon GameLift Getting Started」に沿って、サンプルプロジェクトを動かすことができます。

前回はサーバーアプリケーションのパッケージ化を行いました。今回はこれを GameLift にアップロードします。

AWS CLI のインストール

パッケージ化したサーバービルドを GameLift にアップロードするには AWS CLI を使用します。

Windows で使えるようにするには、下記のページを開き、インストーラをダウンロードします。

gamelift-02-00

インストール後はコマンドプロンプトで AWS のコマンドを呼び出すことができるようになります。下記のコマンドを実行し、AWS のアクセスキー、シークレットキー、リージョンを設定します。

$ aws configure

AWS CLI を使うには、GameLift へのアップロードが許可されている IAM User で行う必要があります。例えば、以下のようなポリシーです。

{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": { 
    "Effect": "Allow",
    "Action": "gamelift:*", 
    "Resource": "*"
  }
}

PowerShell を使う場合は下記の記事を参考にしてください。

サーバービルドのアップロード

続いて、サーバービルドを GameLift にアップロードしてみましょう。アップロードには UploadBuild という API を使います。

それでは、以下のコマンドを実行します。

$ aws gamelift upload-build 
--name "MultiplayerProject Test Build" 
--build-version 1.0.0
--build-root C:\LumberyardSDK\dev\MultiplayerProject_pc_Paks_Dedicated

gamelift-02-01

サンプルのビルドパッケージは 130 MB ほどあります。

gamelift-02-02

これで完了です。

アップロードされたことを確認しましょう。AWS マネジメントコンソールにて GameLift の画面を開きます。

「Get Started」をクリックします。

gamelift-02-03

アップロードされていて「Ready」になっていることが確認できました。

gamelift-02-04

まとめ

ブラウザ上からできたりすると楽ですが、現状コマンドラインからのみ実行できるようです。CI ツールなどで自動化しておくと楽かも知れません。

次は「フリートの作成」を試してみます。

参考