2016年に導入される長いリソースIDへの仕様変更に伴う各種AWS SDK / CLIのバージョンアップについて

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

オペ部の高橋です。

2015年11月ごろAWSよりEC2, EBSのリソースIDの長さの変更について仕様変更の発表がありました。

2016年に導入のEC2, EBSのリソースIDの長さの変更について

現時点ではEC2にてオプトインにより変更が可能となっています。
EC2での変更方法については長いEC2リソースIDが利用可能になりましたをご参照ください。

今回の仕様変更に伴い長いリソースIDをAWS SDK / CLI で使用する場合には、これらのツール類もバージョンアップが必要となります。
バージョンアップが必要なツール類、バージョンアップが不要なツール類をご紹介します。

バージョンアップが必要なAWS SDK / CLI

バージョンアップが必要なツールは以下となります。

ツール バージョン
PHPv2 v2.8.27以降
PHPv3 v3.15.0以降
CLI v1.10.2以降
Boto3 v1.2.1以降
Botocore v1.3.24以降

バージョンアップが不要なAWS SDK

  • PHP v1
  • Boto v1
  • Boto v2
  • Ruby v1
  • Ruby v2
  • JavaScript
  • Java
  • .NET
  • AWS Tools for Windows PowerShell
  • Go

こちらのSDKは長いIDに互換性があるのでバージョンアップ不要です。

まとめ

2016年末までにEC2, EBSのリソースIDの長さの仕様変更があります。
変更に伴い計画的にAWS SDK / CLIのアップグレード及びテストを行ってください。

参考URL

よくある質問 | AWS EC2 FAQ

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡