Amazon 製ゲームエンジン「Amazon Lumberyard」をインストールしてみよう!

lumberyard-beta-eyecatch

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

amazon-lumberyard

Amazon Lumberyard とは

Amazon Lumberyard (以下 Lumberyard) は、ハイクオリティな3Dゲームを開発するためのツールです。ゲームのエンジンは Crytek社 の「CryEngine」をベースにしています。バックエンドに AWS の各種サービスを使用する制約はありますが、 完全無料 で提供されています。

以下は Lumberyard の概要が書かれている日本語の紹介記事です。

本記事では事始めということで、Lumberyard のインストール手順について解説します。

システム要件

Lumberyard をインストールするには、次のような性能のマシンが必要です。

  • OS : Windows 7 以上 (64-bit)
  • メモリ : 8GB RAM 以上
  • CPU : Intel Quad-Core (I 2300), AMD Octo-Core (FX810) 以上
  • グラボ : NVIDIA GeForce 660Ti, Radeon HD790 以上
  • 容量 : 8GB 以上

ドキュメントにはディスク容量は 8GB 以上と書かれていますが Zip を解凍すると 40GB 程度になリます。 容量に余裕を持たせておくようにしましょう。

また、次のソフトウェアが必要になるため事前にインストールしておきます。

  • Visual C++ 再頒布可能パッケージ for Visual Studio 2013
  • Visual Studio 2013 [Community/Pro/Ultimate] with update 4

Amazon.com アカウント

Lumberyard を利用するには、Amazon.com アカウントが必要です。AWS でも Amazon.co.jp でもなく Amazon.com です。アカウントを持っていない場合は作成しておきましょう。

Lumberyard のインストール

まずは以下のページから Lumberyard のインストーラをダウンロードしましょう。10GB 近くあるので、高速なネットワーク環境で行うようにしましょう。

ダウンロードした Zip ファイルを解凍します。フォルダ名を Lumberyard に変更したのち、Cドライブ直下に移動します。

最終的に C:\Lumberyard となれば OK です。C:\Program Files\Lumberyard ではない点に注意してください。フォルダ名にスペースが入ると動作しないらしいです。スペースが入らない場所であればどこでも良いと思われます。

Lumberyard の起動

Lumberyard フォルダの中にある LumberyardLauncher.bat を実行しましょう。

lumberyard-install-01

はじめに「Get started」画面が表示されます。この画面では Lumberyard のインストール先の検証と、Lumberyard で行いたい作業が行える環境かどうかを検証します。

lumberyard-install-02

ここでは、次の2つを選択します。

  • Run the game
  • Run the Lumberyard Editor and tools

次に、必要なソフトウェアがインストールされているかチェックする画面が表示されます。

lumberyard-install-03

インストールされていない場合は、赤く表示されます。「Install it」と表示されている場合はその場ですぐインストール可能、「Get it」と表示されている場合はインストールページを開くことができます *1

一部 Optional なソフトウェアもありますが、全てインストールすると下図のようになります。

lumberyard-install-04

次に、連携ツールのプラグインを選択する画面です。今回は何も選択しません。

lumberyard-install-05

最後にサマリー画面が表示されるので、設定した項目を再確認しましょう。問題なければ、画面右上の「Launch editor」ボタンををクリックし、いよいよ起動です!

lumberyard-install-06

ビーバーみたいなキャラクター、シュールでかわいいですね。

lumberyard-install-07

初回起動時は画面が表示されるまで、少し時間がかかります。また「Asset Processor」というアプリケーションも同時に起動します。こちらはゲーム開発に必要なアセットファイルを自動的にダウンロードするアプリケーションです。自動で次々とアセットをダウンロードしてくれます。詳しくは [こちら] (https://docs.aws.amazon.com/lumberyard/latest/userguide/asset-pipeline-processor.html) をご参照ください。

はじめに起動したときは、Amazon.com アカウントへのログインが求められます。

lumberyard-install-08

スタートラインに立てました!

lumberyard-install-09

まとめ

以上、ひとまず Lumberyard のインストールまでの手順でした。ちなみに、私は Visual Studio も入れていなかったので、必要なソフトのインストールの時間がかなりかかってしまいました…。ダウンロードもインストールもそこそこ時間がかかるので、お時間の許すときにお試しください。

また、スピーディにゲーム開発を行う場合は、それなりのマシンスペックがもちろん必要になります。本格的に開発を行う場合は、ハイスペックのマシンを用意するようにしましょう。

これからもチュートリアルに沿って、いろいろと試してみたいと思います。改めて見ると、このチュートリアルやっぱり長いです…。が、 これもゲームなのかもしれない ですね。皆さんも一緒に、ミッションをクリアしていきましょう!

参考

脚注

  1. DirectX 11 以降を入れている場合は こちら もインストールする必要があると思います。DirectX 9.0c との差分がインストールされます。