Amazon Lumberyard クイックスタート #1 Level の作成

lumberyard-beta-eyecatch

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Amazon Lumberyard Quick Start

先日発表されたゲーム開発ツール Amazon Lumberyard (以下、Lumberyard)。

本ブログでは、Amazon GameDev Tutorials で公開されている Quick Start Reference に沿って、Lumberyard に触れていきたいと思います。

  1. Level の作成 (今回)
  2. カメラの配置
  3. Lumberyard オブジェクトの配置
  4. Terrain の作成と編集
  5. 光源の配置
  6. ゲーム・スクリプティング

今回は「Level の作成」です。

「Level」とは?

3Dゲームの世界における Level は、いわゆる「主人公のレベル」とかのレベルではありません。そもそも Level には「平らな」「平坦な」「水平の」と言った意味があります。Lumberyard での「Level」は、世界やマップなどのような、ユーザーが利用可能な領域のことを指します。

lumberyard-level-04

Quick Start は、まずプレイヤーが存在することのできる世界を作るところから始まります。

Level の作成

それでは Level を作成しましょう。Lumberyard を起動すると、下図の画面が最前面に表示されます。この画面の左上にある「New Level」をクリックします。

lumberyard-level-01

まず Level の設定を行います。「Name」は初期値の「temp_level」のままでは作れませんので、任意の名前にする必要があります。ここでは「MyFirstLevel」と入力します。フォルダの設定もここで行います。

lumberyard-level-02

次は Terrain の設定です。なお、Terrain は「地形」のことです。ここでは初期値のまま「4096 x 4096」にします。つまり、Level の地形の大きさは 4096 x 4096 に設定されます。

lumberyard-level-03

これでひとまず設定は終わりです。広大な大地が表示されました。

lumberyard-level-04

Lumberyard の画面構成

Lumberyard の画面構成を見てみましょう。

lumberyard-level-05

1. Main menu

いわゆるメニューです。すべての機能、そして設定にアクセスすることができます。

2. Editor toolbar

よく使うツールやエディタにアクセスすることができます。もっとも使う機会が多いでしょう。

3. Viewport header

編集対象のオブジェクトを見つけるための検索バーと、 Perspective Viewport の表示設定を行うことができます。

4. Perspective Viewport

Level を 3D で表示します。

5. Viewport controls

選択中のオブジェクトの操作と Viewport の設定を行うことができます。

6. Console

エディタとゲームデータの入出力を行います。

7. Rollup Bar

オブジェクト・エンティティへのアクセスや、Perspective Viewport 上のコンテンツの構築と管理を行うことができます。

Perspective Viewport の操作

Level を表示できる Perspective Viewport の操作方法は、他の 3D モデリングツールと同様、FPS (ファストパーソンシューティングゲーム *1) のように操作します。

アクション 操作方法
複数オブジェクトの矩形選択 左マウスボタン
回転 右マウスボタン
パン ミドルマウスボタン
ズーム 右+ミドルマウスボタン または マウスホイール
平行移動 (前) W キー
平行移動 (後) S キー
平行移動 (左) A キー
平行移動 (右) D キー

FPS のゲームをやったことのある人や 3D モデリング経験者の方は馴染み深い操作方法だと思います。初めて覚える方は、いろいろと操作を試して慣れておきましょう。

まとめ

Perspective Viewport の操作はよく行うことだと思うので、いまのうちから慣れておきましょう。

次回は「カメラの配置」を行います。

参考

脚注

  1. 初期 DOOM 好きでした!