MariaDB on Amazon RDSを触ってみた #reinvent

aws-reinvent2015

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

最初に

本日のAWS re:Invent 2015のKeynoteで、Amazon RDSの6つめのエンジンとしてMariaDBに対応したことが発表されました。

ということで、早速触ってみました。

やってみた

RDSのLaunch時に、MariaDBが選べるようになっています。もちろん東京リージョンでも使えます!

RDS_·_AWS_Console

バージョンは10.0.17。Multi-AZにも対応しています。

RDS_·_AWS_Console 2

MariaDBへの接続はMySQLクライアントから可能です。

$ sudo yum install mysql
$ mysql -p -u admin -h mariadb.hoge.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 19
Server version: 5.5.5-10.0.17-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

バージョンの確認。

mysql> select version();
+-----------------+
| version()       |
+-----------------+
| 10.0.17-MariaDB |
+-----------------+
1 row in set (0.00 sec)

プラグインを確認。MariaDBなのでAriaが含まれていますね。

mysql> show plugins;
+-----------------------------+----------+--------------------+---------+---------+
| Name                        | Status   | Type               | Library | License |
+-----------------------------+----------+--------------------+---------+---------+
(...snip...)
| Aria                        | ACTIVE   | STORAGE ENGINE     | NULL    | GPL     |

DBパラメータについては以下のドキュメントに記載があります。

さいごに

Amazon Linuxも以前「We are considering switching from MySQL to MariaDB.」という話があったくらいなので、MariaDBがRDSのエンジンとして追加されるのは、ある意味自然な流れかも知れませんね。これでMySQLの他にMariaDBとAuroraとMySQLコンパチなDBが2つ増えたことになります。今後のシステムへの適用の幅が広がりますね!