[新機能]現地通貨設定でカナダドルが選択できるようになりました

awseyecatch

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

地味な新機能も拾っていこう、のコーナーです。

今回、AWSの管理コンソールにおける現地通貨設定で、カナダドルが選択出来るようになりました!

そもそもこの現地通貨設定とは何か、というと、AWS管理コンソールのダッシュボードで表示される通貨を選択することが出来ます。デフォルトでは以下の通りUSDになっています。

Billing_Management_Console変更可能な通貨は以下の通りです。

Billing_Management_Console 3

略称 通貨 2015/6/19現在の円レート
AUD オーストラリア・ドル 1AUD = 95円
CAD カナダ・ドル 1CAD = 100円
CHF スイス・フラン 1CHF = 133円
DKK デンマーク・クローネ 1DKK = 18円
EUR  ユーロ 1EUR = 139円
GBP  イギリス・ポンド 1GBP = 195円
HKD 香港・ドル 1HKD = 15円
JPY 日本・円 1JPY = 1円
NOK ノルウェー・クローネ  1NOK = 15円
NZD ニュージーランド・ドル 1NZD = 85円
SEK スウェーデン・クローナ 1SEK = 15円
USD アメリカ・ドル 1USD = 123円
ZAR 南アフリカ・ランド 1ZAR = 10円

これはただの豆知識ですが、通貨を示すのに使われる3文字のコードはISO 4217で標準化されており、現在は165種類登録されています。世界の通貨ってすごく多いんですね。

日本にてカナダドルで表示したい場合、というのはそうそう無いとは思いますが、対応通貨が増えることで世界のどこでAWSを利用しても請求額の計算に頭を悩ませずに済む、というのは素敵です。今は使えない人民元や韓国ウォンもそのうち使えるようになるのでは無いでしょうか。今後もどんどん増えていくといいですね!