Amazon RDSでSQL Server Enterprise Editionを「ライセンス込み」で使えるようになりました!

Amazon RDS

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

Amazon RDS for SQL Serverで、SQL Server Enterprise Editionを選択するときに「ライセンス込み」が選べるようになりました!

変わったこと

これまで「ライセンス込み」が選べたのはExpress、 Web、Standardの Editionのみで、 Enterprise Editionでは「BYOL(ライセンス持ち込み)」しか選べませんでした。

料金_-_Amazon_RDS_for_SQL_Server___アマゾン_ウェブ_サービス(AWS_日本語)

現時点でEnterprise Editionをライセンス込みで使えるのは以下のリージョンです。

  • us-east-1 ... 米国東部(バージニア)
  • us-west-2 ... 米国西部(オレゴン)
  • eu-west-1 ... 欧州(アイルランド)

また選択出来るDBインスタンスタイプは以下の通りです。

  • R3.2xlarge
  • R3.4xlarge
  • R3.8xlarge

実際、東京リージョンでEnterprise EditionをLaunchしようとすると、ライセンスはBYOLしか選べません。

RDS_·_AWS_Console 2

ヴァージニアリージョンでは以下のように「license-included」が選択出来るようになっています!

RDS_·_AWS_Console

AWS公式サイトも、英語ページではEnterpise Editionのライセンス込みの料金が記載されています。

Pricing

さいごに

RDSにおいてSQL Server Enterprise Editionがライセンス込みで使えることで、別調達をする必要が無く、AWSの中で調達行為がクローズします。これは便利ですね、早く東京リージョンでも使えるようになりますように!

 

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡