WorkSpacesへリモートデスクトップ接続してみる

eyecatch_workspaces

ご機嫌いかがでしょうか、豊崎です。

今回はWorkSpacesへのRDP接続について書きたいと思います。
WorkSpacesへの接続はWorkSpaces Clientを利用するのが一般的ですが、RDPでも接続することが可能です。

WorkSpacesへの設定

以下のURLを参考にRDP接続を行なってみたいと思います。 https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/connect-workspace-rdp/

まずはAmazonマネジメントコンソールにログインして、WorkSpacesのダッシュボードからWorkSpacesを起動し、WorkSpacesIPをメモします。

WorkSpaces_Management_Console_1

EC2ダッシュボードからネットワークインターフェイスを開いてメモしたWorkSpacesIPで検索をしましょう。 今回はインターネット経由で接続を行いますので、赤枠で囲まれたグローバルIPをメモしておきます。 セキュリティグループの設定を行うので、矢印部分をクリックします。

EC2_Management_Console_1

WorkSpacesのセキュリティグループで接続元IPからのRDP接続を許可します。 今回は接続元IPにグローバルIPを指定しましたが、DirectConnect、VPNなどプライベートIPで接続できる環境であればプライベートIPでも問題ありません。

EC2_Management_Console

最後にクライアント端末からRDP接続を行なってみて接続を確認します。

Windows_10_x64_1

さいごに

WorkSpaces Clientを使用せずにRDP接続を行う方法をご紹介しました。 なお、参考にした以下URL内でのRDP接続の用途としてはトラブルシューティングとして記載されています。 https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/connect-workspace-rdp/