[新サービス] クラスメソッド雪山部

[新サービス] クラスメソッド雪山部

札幌にも春が近づいてきましたが、5月の連休まではゲレンデに通う渡辺です。

クラスメソッドでは様々な部活(サークル)があります。 その中でも好きな人には堪らない魅力なのが雪山部です。 札幌にオフィスがあるため、本社勤務のメンバーでも札幌を拠点に、地元メンバーの案内で遊ぶことができるからです。

雪山部の活動を紹介します。

雪山部のコンセプト

雪山部は体育会系の部活ってわけじゃありません。 冬の北海道でパウダースノーと美味しいものを楽しんでいます。 自分は年間滑走日数が異常なのでドン引きされますが、雪山部で滑るときはノンビリです。

rusutsu

よくある日程

東京メンバーは、おおむね2泊3日程度のスケジュールで遊びに来ます。 IT健保の割引きなどを利用すれば、航空券付きの札幌ステイで3万前後です。 自分も横浜付近に住んでいたため、交通費や宿泊費が本当に大変でした。 それを考えると格安なのです。

tei

羽田から朝イチの便で北海道を目指すと、新千歳空港に9時〜9時半頃に到着します。 そこから現地メンバーの車に乗り、ゲレンデに移動します。 ゲレンデまでは60〜90分程度なので、11時くらいからは滑り始められるので初日から充分に滑ることができます。

2日目は1日滑り倒し、3日目は15時くらいまで滑り夜の便で帰ります。

機動力のある現地メンバーの車

東京メンバーは札幌市内のホテルなどに宿泊しています。 札幌市内から幾つかのゲレンデまではバスも出ていますが、車を出せれば活動範囲は広がります。 おおよそ90分圏内のゲレンデは10を超えるので、メンバーのスキルや天候状況をみてゲレンデを選択しています。 なんだかんだと、よく行くのは自分のホームゲレンデでもあるルスツ! 札幌から90分くらいです。

sno

雪山部でいったことのあるゲレンデは多彩です。 ルスツ・テイネ・札幌国際・オーンズ・マウントレースイ(夕張)・カムイリンクスなど、リゾートからローカルゲレンデまで楽しめます。

夜は回転寿司かスープカレー

札幌には美味しいものが沢山あります。 その中でも定番となるのが回転寿司(花まる)やスープカレーです。

tati

soup

当然、夜はお酒が入ります。 自分はドライバーなので飲めないことが多いですが、飲み会もまた雪山部の楽しみのひとつです。 ゲレンデには行かずとも飲み会だけ参加する札幌メンバーもいます。 遠隔地のオフィスだけに交流できる機会は貴重です。

jin

ra

まとめ

部員募集中! クラスメソッドにジョインして一緒に滑りまくりましょう。

snow