Amazon RDS for OracleがインスタンスタイプR3, T2に対応しました!

icon-rds-oracle-db

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

こんにちは。yokatsukiです。

Amazon RDS for Oracle now supports R3 and T2 instance families

待ってましたッ!遂にメモリ最適化のDBインスタンスクラスdb.r3.*が、Oracle Databaseに登場!

これで従来は不可能だった100GB超級のSGAも確保できるので、巨大なOracleデータベースを運用されている方、上がらないキャッシュヒット率をプロビジョンドIOPSでカバーする必要はもうありません!

また、同時にdb.t2.*クラスもリリースされ、負荷に応じて柔軟にバーストできる環境も使用できるようになりました!

確認

早速確認してみましょう。AWS管理コンソールにサインインし、RDSのインスタンス作成画面に移動します。

db.t2.およびdb.r3.が選択できるようになっています!

release-rds-oracle-t2-r3-03

32 vCPU, 244GiB RAM...たまりません。

注意点

対応バージョンの制限

ところで、上記ニュースリリースによると全てのバージョンがR3, T2に対応した訳ではないとのことです。

The R3 and T2 instance types are available with Oracle database versions 11.2.0.4 and 12.1.0.2.

確かに、指定された以外のバージョンを選択すると、選べるインスタンスクラスは従来のままです。

release-rds-oracle-t2-r3-02

SE Oneの制限

また、SE Oneは、オラクルのライセンス上、こちらにおける仮想コア8つまでという、仮想コア数の制限があります。従いまして、db.r3.8xlargeは選択することができません。(db.r3.4xlargeの16 vCPUってのはハイパースレッディング込みの値なのでしょうかね…。)

まとめ

  • db.r3の登場で、広大なメモリ空間が使えるようになり、データベースの性能をより上げることができるようになった
  • db.t2の登場で、バースト可能なパフォーマンスが得られるようになった

新たに登場した2タイプのインスタンスクラスで、AWS上でOracle Databaseを活用する幅が広がること間違いなしです。既に12cも対応しているので、これからが非常に楽しみです。それでは、また。